YouTuber

デカキンが事務所を移籍していた!UUUM加入でヒカキンも祝福!

Pocket

こんにちは、るほりです。

最近ヒカキンさんのYouTubeでデカキンさんを見て、いい人そうだなと思いました。

デカキンさんを何度か見たことはありますが、ちゃんと見たことがなくて、ヒカキンさんがデカキンさんの家に猫ちゃんに会いに行く動画でしっかり見た感じです。

今回は、デカキンさんについて調査していきたいと思います。

デカキンが事務所を移籍していた!UUUM加入でヒカキンも祝福!

デカキンさんは昨年の10月からUUUMに加入していたそうですが、YouTubeで報告するタイミングが難しく報告していなかったそうです。

そこで、2020年3月25日にヒカキンさんと一緒に報告されました。

デカキンさんは、2017年7月からYouTube事務所「E-DGE」に所属していましたが、昨年5月の時点で更新するかしないかという話があったそうです。

デカキンさんは「安定するのもいいけど、一か八か行きたい」と思い、UUUM加入を決めたそうです。

デカキンさんは、勝手にヒカキンさんのモノマネで活動していることから、「デカキンはUUUMに入れない」という都市伝説がささやかれていたそうです。

そういうこともあり、本人も不安だったそうですが、無事に入ることができたそうです。

よかったですね!

デカキンさんは昨年のUUUMの忘年会にも参加したそうです。

デカキンさんはUUUMに加入して半年がたち、半年活動してみて「夢を叶えるのが早い事務所」と思っているようです。

元々デカキンさんは人気YouTuberのヒカキンさんのモノマネをしていることで注目されているということもあると思いますが、モノマネをされているヒカキンさんは嫌がることもなく、むしろモノマネされることを喜ばれている寛大さです。

モノマネも今ではヒカキンさん公認のようです。

デカキンさんは、UUUMに加入してから「ヒカキンさんとコラボ」「経済産業省の仕事」「東海ラジオのレギュラー」が決定したそうです。

ヒカキンさんのモノマネがきっかけで、デカキンさんは次々に夢を叶えることができたようです。

デカキンさんは「UUUMでもっと上に上がれるように」と、目標を高く持たれているようです。

そしてデカキンさんは、幸せなことにUUUM加入をヒカキンさんにサプライズドッキリでお祝いしてもらいました。

「PDS」(登録者数159万人)や「きりたんぽ」(同62万人)やUUUM代表取締の鎌田社長も参加しました。

事務所加入で盛大にお祝いしてもらえるなんてあまりないのではないでしょうか。

ヒカキンさんは本当に優しいなと思いました。

ヒカキンさん達は、「大事な会議がある」とたくさんの風船などで飾りつけしたUUUM控室にデカキンさんを誘いこみ、特大クラッカーで盛大に祝福しました。

ヒカキンさんは花束や20万円以上もするケーキを準備するという優しさでした。

デカキンさんが泣いて喜ぶと予想していたヒカキンさんでしたが、泣くこともなく、いつも通りのデカキンさんでした。

そこに、PDSさんがやってきてデカキンさんの好物である生クリームのパイ投げでお仕置きというオチでした。

ヒカキンさんは、デカキンさんとのコラボなどをこれから計画されているようなので、コラボをみれる機会が増えそうですね!

楽しみです!

デカキンの出身や経歴は?

デカキンプロフィール

名前:西山 征孝(にしやま まさたか)

生年月日:1985年6月4日(2020年5月現在34歳)

出身:北海道旭川市

大学:非公開(教員免許取得)

前職:お笑い芸人(「ベビーフロート」というコンビ名で松竹芸能所属でした)

所属:2019年10月よりUUUM

デカキンさんは小学生の頃から漫才師になりたかったそうです。

しかし、ご両親の将来のために安定した職業についてほしいという願いと「親は人生の先輩だ。親のいうことは正しい」と思いから教師を目指し、見事教員免許を取得したそうです。

面白い先生や真面目な先生を目指し、頑張っていたそうですが、どちらも自分には出来ないと思い、親御さんを説得してお笑い芸人になりたいと打ち明けたそうです。

教員免許を取った後、3年間という約束で親御さんは許可してくれたそうです。

「ベイビーフロート」というコンビ名で松竹芸能所属の芸人として活動していました。

ボケ担当だったそうです。

親御さんの許しをもらって入ったお笑いの世界でしたが、アドリブが難しく、MCがが上手にできなかったため「TV・芸人に向いていない」と芸人を諦めようと決意したそうです。

その時ニコ生でテレビ番組が同時配信されており、反応は上々だったそうです。

「自分はこちらの舞台の方が向いてるかも」と芸人を辞め、動画活動を開始したそうです。

動画ならライブ配信でなければ編集したり撮り直しができるので、アドリブが難しい人には向いてるのかもしれないですね!

デカキンさんは色んな挫折があられたようですが、YouTuberになったことで、クレープ屋さんになりたい夢やヒカキンさんに会いたいという夢などたくさんの夢を叶えられました。

挫折しても諦めずに進んでいく事で、夢が叶うということを教えてもらった気がします。

デカキンさんはヒカキンさんのモノマネをして5年後に、初めてヒカキンさんと会うことができたそうです。

デカキンさんは号泣でした。

デカキンさんはヒカキンさんに会うことを目標に頑張ってきたけど、それはゴールでもあってヒカキンさんとコラボできたらデカキンは最高にうれしいし、幸せだしデカキンはそこでやめるべきだと思っていたそうです。

いつも本人に会えると騙され、会えないままでしたが、ついに夢が叶ったのです。

しかもヒカキンさんから、バカラ(高級ガラス)のブタさんとお手紙のプレゼントがありました。

ヒカキンさんの手紙には「いつまでもデカキンさんでいて下さい」とあり、ヒカキンさんに会えて幸せなのに、しかも引退もしなくていいんだとこんなに幸せすぎていいのかと思ったそうです。

デカキンさんはヒカキンさんのことが大好きで好きすぎるとも言われていました。

ヒカキンさんの手紙は

「いつもモノマネをしてくれてありがとう。毎日動画作り大変だと思うけど、長く続けていけるようにお互い頑張りましょう!よければ、いつまでもデカキンさんでいて下さい。僕も自分のため、そしてデカキンさんのためにも頑張ります!」

という内容のお手紙でした。

デカキンさんはヒカキンさんにずっと避けられてる、嫌われていると思っていたそうです。

同じ場所にいてもあえない事があり、なぜだろうと思っていたそうです。

なんとヒカキンさんは、モノマネの人と会ったら終わっちゃうから、デカキンさんのためにも合わない方が良いんじゃないかと考えていてくれたそうです。

しかもすごい初期から知ってくれていたそうです。

心温まるお話でした!

まとめ

デカキンさんは小さい頃からの夢はお笑い芸人だったそうです

親御さんの願いであった安定した職業である教員免許を取得されました。

夢であったお笑い芸人の道も挑戦されました。

教師もお笑い芸人も自分に合わないと思い、YouTuberになってからは徐々にチャンネル登録者も増え、夢をたくさん叶えてこられました。

色んなことに挑戦し、挫折したこともあったと思いますが、挑戦したことで後悔もないと思いますし、合わないと思ったらすぐに切り替えてこられたことは凄いと思いました。

YouTuberの仕事、はデカキンさんに合っているんでしょうね!

デカキンさんは、大好きなヒカキンさんとの対面を果たし、これからもコラボが増えていきそうなので、楽しみです。

初対面のドッキリを見て、お2人のことが好きになりました。

デカキンさんはヒカキンさんと同じ事務所に加入され、とてもいい関係を築かれているようですね!

マホトさんも好きです。

そして、お2人の猫ちゃんを見て飼いたくなりました。

会えたらやめようと思っていたデカキンさんでしたが、これからもデカキンさんとして頑張ってほしいです!

ヒカキンさんとデカキンさんを応援していきます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。