音楽チャンプ2020優勝の上田桃夏の弾き語りは?中学など経歴は?

Pocket

こんにちは、るほりです。

昨日(2020年4月11日)、音楽チャンプが放送されました。

全国の3,000人から18人が選ばれ、さらにその中から4人が選ばれ、決勝が行われました。

予選で歌う人もですが、みなさんの歌のレベルの高さにびっくりしました。

そして、決勝の4人は誰が優勝するかわからないほど、皆さん上手かったです。

今回は優勝した上田桃夏さんについて調査していきたいと思います。

音楽チャンプ2020優勝の上田桃夏とは?

上田桃夏プロフィール

名前:上田桃夏(うえだ ももか)

愛称::もかか

生年月日:2004年6月15日

出身:愛知県名古屋市

中学:江南市立古知野中学校

高校:非公表、高校1年生

2014年4月、小学4年生から学校のブラスバンド部に所属し、フルートをしていたそうです。

2016年10月からボーカルスクールに通い始め、オーディションを受けたり、ライブをしてきたそうです。

ギターもこのころから始めたのでしょうか?

2018年1月のボーカルスクール(VOAT名古屋校)でグランプリを受賞する等、スクールに通い始めて1年ちょっとで優勝する実力の持ち主です。

「よっち&もかか」で、路上ライブをしています。

こんな素敵な歌声で路上ライブしていたら、足を止めてずっと聞いていたいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

もかか(上田桃夏)(@mokaka0625)がシェアした投稿

音楽チャンプの決勝では、1人目のパイク琉華シャロンさん(11歳)もかわいくてうまくて、音楽プロの札上げ審査で札が30枚あがりました。

3人目の加藤詩乃さん(14歳)もかわいくてうまくて、なんとパイクちゃんの札以上の34枚あがりました。

そして、最後が上田桃夏さん(15歳)でした。

前の2人にたくさんの札が上がったので、それ以上はないだろうと思っていましたが、歌声を聴いてびっくりしました!

もしかして、加藤詩乃さん以上にあがるかもしれないと思いました。

なんと上田桃夏さんが加藤詩乃さんの34枚を上回り、36枚の札が上がり優勝しました!

今回は特にレベルが高い大会だったと思いました。

みんなが歌が上手くて、かわいくて素晴らしかったです。

感動をありがとうございました。

しばらく毎日聴きたいと思います。

上田桃夏の弾き語りがすごい!

自分でも曲を作り、中学を卒業したばかりなのに、プロのシンガーソングライターみたいですね!

もかかさんの歌声は聞けば聞くほど感動します。

音楽チャンプの優勝をきっかけに検索し、もかかさんの歌声をたくさん聞きましたが、どれも感動の歌声です。

デビューも近いような気がします。

また、顔がかわいいのもいいですね!

これから注目して応援していきたいと思います!

まとめ

先日(2020年4月11日)の音楽チャンプでは、15歳の高校1年生(収録時は中学3年生)の上田桃夏さんが優勝しました。

決勝では4人の歌声がそれぞれ素晴らしくて、レベルが高い大会だったと思います。

その中でも優勝したもかかさんこと上田桃夏さんは、路上ライブやライブ、弾き語りの配信などの音楽活動をしています。

音楽チャンプ出場をきっかけに、もかかさんの歌声に魅了された方がたくさんいるのではないでしょうか。

私のその一人です。

自分で曲を作り、すでにプロのシンガーソングライターのようです。

これからも応援しています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。