テレビ

横田龍儀の声と演技がヤバイ!高校と経歴は?イケメン画像も!

こんにちは、るほりです。

3月11日19時から放送予定の日テレ「音が出たら負け」に横田龍儀さんが出演します。

MCはバナナマンです。

ルールは「音を出したら即失格」という事のみです。

チャレンジャーは、宮下草薙・草薙航基さん、四千頭身・後藤拓実さん、NMB48・吉田朱里さん、佐藤栞里さん、滝沢カレンさん、出川哲郎さん、どぶろっくなど、豪華メンバーです。

城田優さんやンダホさん、宮崎大輔さん、池田レイラさんなど他の出演者も豪華です。

当日が楽しみですね!

横田龍儀の高校や経歴は?イケメン画像も!

横田龍儀プロフィール

名前:横田龍儀(よこた りゅうぎ)←本名

生年月日:1994年9月9日(2020年3月現在25歳)

出身:福島県川内村

身長:170cm

所属事務所:ベンヌ

福島県出身の横田龍儀さんですが、高校1年生の時に東日本大震災が起きて、神奈川県に家族で避難したそうです。

福島県にいたときは、双葉翔陽高校だったのではないかとネット上では言われています。

2019年10月には、福島県川内村の「川内村ふるさと大使」に就任しています。

故郷の希望の人になって欲しいですね!

引っ越した当初は家族に迷惑をかけないようにと高校をやめ、バイト生活をしていたそうですが、福島県で通っていた先生から連絡があり、神奈川県の高校に2年生から編入したそうです。

神奈川の高校では、俳優の内海啓貴さんと同級生だったそうです。

芸能界に誘ったのも内海さんと言う情報がありました。

神奈川に引っ越していなければ、、、内海さんと出会っていなければ、、、今の横田さんとは違う横田さんだったかもしれないですね!

そう考えると、横田龍儀さんは、芸能界に入る運命だったのかもしれないですね!

芸能界に進むことを決意した横田さんは、18歳の時に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、芸能界に入りました。

横田さんの夢は、仮面ライダーになることなんだそうです!

横田さんの家族構成は、お父さん、お母さん、お姉さんとわんちゃんです。

お父さんにあまり褒めてもらったことがない横田さんは、お父さんに喜んでもらいたくてお父さんが好きな仮面ライダーになりたいと思っているそうです。

お母さんとお姉さんは頻繁に横田さんの家に訪問するなど、とても仲良し家族のようです。

高校卒業後は、安定した仕事をと考えたようですが、両親から「やりたいことをやれ」と応援してもらい、芸能界に進むことを決めたようです。

お互いが相手の事を考えている素敵な家族ですね!

横田龍儀の声と演技がヤバイ!

横田龍儀さんは、声が低いことが特徴のようです。

小柄でかわいい系の役を演じる事が多いようで、声とのギャップがあるようですね。

滑舌が悪く演技も下手と言われてるようですが、演技は経験や努力次第で上手くなると思うので、頑張ってほしいですね。

2015年に初出演映画『宇田川町で待っててよ。』では、女装男子を演じています。

2015年9月から2017年3月まで福島中央テレビの情報番組のコーナーに出演し、北海道の稚内から鹿児島の佐多岬まで徒歩で日本縦断を達成しています。

すごいですね!

2017年ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守歌~の物吉貞宗役で2.5次元ミュージカルのデビューを果たしています。

テレビにも多数出演し、舞台などにも出演しているようです。

大きな目も特徴のイケメンで、これから注目の俳優さんですね。

仮面ライダーを目指し、尊敬する俳優に佐藤健と藤原竜也をあげています。

まとめ

今回は、俳優の横田龍儀さんについて調査しました。

高校は1年生まで福島県の高校に通い、東日本大震災で神奈川県に引っ越し、神奈川の高校に2年時から通っています。

ジュノンボーイコンテストで、デビューのきっかけを掴みました。

声が低いのが特徴で、滑舌が悪く演技も下手だと言われているようですが、努力で克服してほしいです。

これから楽しみな俳優さんですね!

テレビ出演の時など、注目してみていきたいと思います。

滑舌を克服するか、個性にして頑張ってほしいです。

ぜひ、夢である仮面ライダーを実現してほしいです。

頑張ってください!