テレビ

須藤美貴がホットドッグ早食いで7連覇!驚異の記録と素顔は?

Pocket

こんにちは、るほりです。

米独立記念日の4日、毎年恒例のホットドック早食い大会がニューヨークで開催されました。

1916年から続くイベントで、例年は屋外で大勢の観客を集めて開催されます。

今年は新型コロナウイルス感染を避けるために屋内で無観客での開催となりました。

主催者側はマスクを装着し、選手同士ん距離を開けた上でアクリル板を設置しての大会となりました。

優勝した須藤美貴さんとはどんな人なんでしょうか。

今まで6連覇していることを知りませんでした。

最近は大食い番組も増えていますよね。

今回は、須藤美貴さんについて調査していきたいと思います

須藤美貴がホットドッグ早食いで7連覇!

ニューヨークで行われた毎年恒例のホットドッグ早食い大会が7月4日に開催されました。

優勝したのは、ラスベガス在住の須藤美貴さんでした。

選ばれた5人が参加し、7連覇という快挙を達成しました。

どこまで連勝が続くのでしょうか。

須藤さんは右手でソーセージだけを2本同時に食べつつ、左手でバンズを水に浸して口が開いたら放り込むスタイルで、序盤から他の選手を圧倒したといいます。

そして、3年前の自己ベストである41個を塗り替え48.5個という驚異の記録を打ち立てました。

34歳という若いとは言えない年齢で、記録を更新して優勝するなんて、どんな胃袋をしているんでしょうか。

聞いているだけでお腹いっぱいになる感じです。

2014年:34個

2015年:38個

2016年:38.5個

2017年:41個

2018年:37個

2019年:31個

2020年:48.5個

イベントはテレビ中継され、須藤さんはインタビューに「競争相手が私の名前を叫んでくれて励みになった。みんなに生で見てほしかったけど、リビングルーム応援してくれて感謝しています」と語っています。

10分間の早食いで、早く多く食べないといけないので、他の選手との闘いというより、自分との闘いのような感じがします。

自分の限界へのチャレンジみたいですね!

ちなみにフードファイターの小林尊さんもこの大会で2001年から6連覇を果たしているそうです。

体への負担が大きいと思うので、体をいたわりながら、挑戦を続けていってほしいです。

須藤美貴の出身や経歴は?

須藤美貴プロフィール

名前:須藤 美貴(すどう みき)

本名:ミキ・ビクトリア・スドー(Miki Victoria Sudo)

生年月日:1985年7月22日(2020年7月現在34歳)

出身:アメリカのニューヨーク州

大学:フォーダム大学卒業

国籍:アメリカ

須藤美貴さんは日本人のお父さんとヨーロッパ系アメリカ人のお母さんの間に生まれたハーフです。

5歳の時に家族で来日し、約7年間日本で生活を送ったため日本語も流暢のようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

4.6キロの #巨大巻き寿司 、作ってみました😆!

Miki Sudo(@omgitsmiki)がシェアした投稿 –

須藤さんには外国人の素敵なパートナーがいるようです。

パートナーもフードファイターのようです。

普段から多く食べるのでしょうか。

もし2人とも大食いなら、食費がとても高そうですね!

まとめ

米独立記念日の4日、毎年恒例のホットドック早食い大会がニューヨークで開催されました。

新型コロナウイルスの影響で屋内での無観客試合でしたが、6連覇中の須藤美貴さんが、自己ベストを更新し、7連覇という快挙を成し遂げました。

来年は8連覇を達成されるかもしれないですね。

日本人のお父さんとアメリカ人のお母さんの間に生まれたハーフです。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大で、色々なイベントが中止や延期となっています。

ホットドッグ早食い大会は開催されてよかったですね。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中に、嬉しいニュースだったのではないでしょうか。

おめでとうございます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。