台風

台風10号2020長崎にいつ接近・上陸する?進路や勢力は?

Pocket

こんにちは、るほりです。

9月1日(火)21時、小笠原近海で発達中の熱帯低気圧が台風10号(ハイシェン)になりました。

記録的に暖かい海水温の影響で猛発達し、近年にない勢力で日本列島に接近・上陸するおそれがあるようです。

最悪のケースを想定して台風への備えをした方がよさそうです。

今回は

台風10号長崎にいつ接近・上陸する?

台風10号の進路や勢力は?

についてお伝えしたいと思います。

台風9号のため、長崎県では2日(水)、小中学校が臨時休校となっているところもあるようです。

私の子供の学校は2日(水)、長崎県ですが給食後の下校の予定です。

台風10号は、発達しながら北西方向に進む見込みのようです。

週末にかけて南西諸島や西日本に接近するおそれがあるようです。

今後の情報に気を付けてお過ごしください。

台風10号長崎にいつ接近・上陸する?

台風10号が発生し、9月1日(火)21時、小笠原近海で発達中の熱帯低気圧が台風10号(ハイシェン)になりました。

今年は海面水温が高い海域がかなり北に広がっていて、本州沿岸でも海面水温が30℃近い異例の暖かさとなっているようです。

一般的に、海面水温が28℃程度以上では台風が発達しやすく、台風10号は勢力を強めながら北上する見込みのようです。

さらに、上空の風が弱いなどの条件が重なると、日本に上陸直前になっても普通の台風のようには勢力を落とさない可能性があり、場合によっては発達最盛期の状態で接近・上陸ということも考えられると言われています。

《予報》

4日後     9月5日(土)21時
存在地域   南大東島近海
強さ階級   非常に強い
移動     北北西 20 km/h
中心気圧   940 hPa
最大風速   45 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 65 m/s

ヨーロッパやアメリカなど世界各地の気象機関が計算したシミュレーション結果で位置を比較すると、近畿地方を指向するものから沖縄・奄美を指向するものまで、台風10号の進路の予想には大きな幅があるようです。

今のところの予想によりますと、週末にかけて南西諸島や西日本に接近するおそれがあるようです。

《台風の名前》

ハイシェン(Haishen)は、中国が用意した名前で意味は「海神」なんだそうです。

台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられるそうです。

準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)され、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあるようです。

こちらは大村市内のようです。

9号に続けて10号が発生し、9号は直撃は免れそうですが、10号は今の予想進路で行くと、長崎県はすっぽり入っているようで、今後の進路や勢力が心配です。

台風10号は、6日(水)長崎県に接近・上陸する可能性が高そうです。

勢力も強いと予想されているので、大きな被害が出ないことを祈ります。

今後の情報にも注意していきたいと思います。

台風10号の進路や勢力は?

今日1日(火)時点での予測では「非常に強い」勢力で沿岸にまで達することを示唆するシミュレーション結果が多くなっているようです。

中心気圧は930hPa程度で日本の沿岸に近づく可能性があり、もしもそうなると「第2室戸台風(上陸時925hPa)」、「伊勢湾台風(上陸時929hPa)」といった甚大な被害をもたらした台風に匹敵することになるようです。

なお、近年で最も強い勢力で日本に上陸した2018年台風21号は、上陸時の中心気圧は950hPaだったようです。

この台風の時には、大阪市など関西の市街地で最大瞬間風速50m/s前後の暴風に見舞われ、屋根が飛んだり車が横転するなどの甚大な暴風被害が発生したようです。

記録的な高潮によって関西国際空港が水没したり、神戸市の臨海部が浸水する被害も発生しました。

飛ばされやすい物を片付けたり、必要な備品などの購入を早い段階で行った方がよさそうですね。

台風10号の予想は今のところ、「非常に強い勢力」で西日本直撃の可能性があるようです。

今後の進路や勢力の最新情報を確認し、危険なところに行ったりせず、命を守る行動をお互いに取っていきたいと思います。

そして、進路がそれ、勢力も弱まることを祈ります。

大きな被害が出ませんように。

まとめ

台風9号の心配をしていたら、10号が発生してしまいました。

長崎県には6日(日)に接近・上陸するような進路をたどる予定になっています。

進路や勢力は徐々に変わっていくことも多いですが、今のところ「非常に強い勢力」で西日本直撃の可能性があるようです。

今後の進路や勢力などの最新情報を確認しながら、安全な場所に身を置き、飛ばされやすい物を片付けたり、必要な備品などの購入を早い段階で行った方がよさそうです。

みなさん注意していきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。