スポーツ(バレー)

黒後愛の小学校中学校高校と経歴は?家族や兄弟とかわいい画像も!

Pocket

こんにちは、るほりです。

9月14日からワールドカップバレー2019が始まります。

楽しみですね!

FIVBワールドカップとは、国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する、オリンピック・世界選手権と並ぶ世界3大大会のひとつで4年に一度開催されます。

開催国・日本、2018世界選手権の優勝国を含む世界のトップチームが集結し男女各12チームが総当たりで順位を争います。

前回のワールドカップバレー2015では日本女子が木村沙織キャプテンのもとセルビア・ロシアなどの強豪と激闘を演じ5位でした。

今回はバレーボール日本代表の若きエースである黒後愛選手について調査したいと思います。

黒後愛の小学校中学校高校と経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

この中に入れたらなー 次の日死んでも後悔しないわーwww #火の鳥NIPPON #黒後愛 #小幡真子 #荒木絵里香

jc1 Volleyball player🏐さん(@toray_love_volleyball)がシェアした投稿 –

黒後愛プロフィール

【名前】   くろご あい

【生年月日】 1998年6月14日(2019年9月現在21歳)

【出身】   栃木県宇都宮市出身

【小学校】  市立横川西小学校(サンダース)

【中学校】  市立若松原中学校

【高校】   下北沢成徳高校

【所属】   東レ・アローズ(Vリーグ)

【ポジション】アウトサイドヒッター

【身長】   180cm

【体重】   69㎏

黒後愛選手は、両親と姉の影響で小学3年生の時にバレーボールを始めました。

中学校2年生の時には、全日本中学選抜に選出されました。

3年で出場した全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、栃木県代表チームは2回戦敗退するも優秀選手賞を獲得しました。

下北沢成徳高校進学後、2014年6月には東京オリンピックの強化選手であるTeam COREのメンバーに選出されました

2015年には全日本ユース代表に選出され、2015年8月に開催された第14回世界ユース女子選手権大会に出場し、ベストサーバーに選出されました

国内大会では2015年の春高バレーでベスト8、2016年の同大会では優勝の原動力となりMVPを獲得しました。

同じく2016年夏のインターハイでも優勝し、ベスト6、優秀選手賞を獲得しました。

翌2017年の春高では、下北沢成徳の大会二連覇に大きく貢献してMVPに耀きました。

同月、V・プレミアリーグの東レ・アローズは黒後の入団内定を発表しました。

同年3月、全日本メンバーに登録され、9月に開催された2017年ワールドグランドチャンピオンズカップの出場メンバーに登録されました

2017年10月22日のVプレミアリーグ開幕戦にスタメン出場して、Vプレミアデビューを果たしました

2017/18シーズンのレギュラーラウンドでは、東レの攻守の中心として活躍し、最優秀新人賞を獲得しました。

2018年 世界選手権の前哨戦ネーションズリーグで国際大会デビューを果たしチームトップの点を挙げました。

《代表歴》

2015年全日本ユース

2016年全日本ジュニア

2017年全日本

2018年三大大会の世界選手権

すごい経歴ですね!

黒後愛の両親や兄弟とかわいい画像も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ワールドカップバレー ワールドカップバレーの女子大会が開幕する9月14日(土)まであと2週間❗ . ■日本の競技日程 ◆横浜大会 〇9月14日(土) 19:20 日本×ドミニカ共和国 〇9月15日(日) 19:20 日本×ロシア 〇9月16日(月・祝) 19:20 日本×韓国 〇9月18日(水) 19:20 日本×カメルーン 〇9月19日(木) 19:20 日本×中国 . ◆札幌大会 〇9月22日(日) 19:20 日本×アメリカ 〇9月23日(月・祝) 19:20 日本×ケニア 〇9月24日(火) 19:20 日本×ブラジル . ◆大阪大会 〇9月27日(金) 19:20 日本×セルビア 〇9月28日(土) 19:20 日本×アルゼンチン 〇9月29日(日) 19:20 日本×オランダ #黒後愛 #バレーボール #バレー #バレー部 #japanvolleyball #volleyball #スポーツ観戦 #スポーツ好き #横浜 #浜松 #札幌 #富山 #大阪

Japan Volleyball Associationさん(@jva_volleyball)がシェアした投稿 –

黒後愛選手は、両親とお姉さんがいます。

お父さんは、宇都宮大学女子バレーボール部監督で同教授の黒後洋さん。

1965年生まれなので、今年(2019年)で54歳になります。

洋さんは栃木県立宇都宮東高校で、バレーボール部に所属していました。

全国大会の出場はありませんでしたが、筑波大学に推薦で入学しました。

大学では、インカレでの優勝経験があります。

お母さんは、黒後裕子さんといいます。

お父さんとは同級生のようです。

裕子さんも元

バレーボール選手で、筑波大学の女子バレー部に所属していました。

お姉さんは5歳年上で、黒後彩乃さんです。

彩乃さんもバレーボールの選手で、國學院大學栃木高等学校時代は、春の高校バレーに出場しています。

高校卒業後は、洋さんが監督を務める宇都宮大学のバレー部で活躍し、キャプテンも務めました。

今では黒後愛選手の良き相談相手のようです。

黒後愛選手は、両親とお姉さんの影響でバレーボールを始めており、黒後家はバレーボール一家でした。

かわいい画像もありました!

個人的には、かわいくて笑顔が素敵だと思います。

まとめ

今回は、ワールドカップバレー日本代表の若きエースである黒後愛選手について調査しました。

栃木県宇都宮市の出身で、市立横川西小学校(サンダース)、市立若松原中学校、下北沢成徳高校を経て、現在はVリーグの東レ・アローズに所属しています。

中学のころから全日本中学選抜に選出されるなど、全国レベルの選手で、数々の受賞歴がありました。

ご両親とお姉さんがおり、いずれもバレー経験者でした。

家族の支えもあり、これだけの成績を作ってきたと思います。

とてもかわいくて笑顔が素敵な黒後愛選手です。

ワールドカップでは、たくさんの活躍で素敵な笑顔をたくさん見せて欲しいです。

がんばれ、日本!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。