スポーツ(水泳)

青木智美の兄やコーチと経歴や彼氏と就職は?中学高校・身長体重も!

東京五輪候補選手である青木智美さん。

種目は自由形です。

2021年2月6日の競泳ジャパンオープンでは、女子200m自由形で3位でした。

今回は、青木智美さんについてまとめました。

この記事でわかることは、こちらです。

青木智美の兄やコーチや彼氏は?

青木智美の中学高校や出身と経歴は?

青木智美の兄やコーチや彼氏は?

3歳の時にお兄さんの影響でアリーナつきみ野スポーツクラブにおいて水泳を始められています。

お兄さんについては、6つ上ということしかわかりませんでした。

次にコーチにつてお伝えします。

青木智美さんのコーチは元競泳日本代表の萱原(かやはら)茂樹さんです。

2019年4月に競泳日本代表のコーチ経験がある神奈川・アリーナつきみ野スポーツクラブのコーチで、3年間のコーチ資格停止処分を下されていることが、わかりました。

資格停止処分の理由は、神奈川県のアリーナつきみ野スポーツクラブ内でのパワハラや暴言だと言われています。

アリーナつきみ野スポーツクラブの保護者から日本スポーツ協会にパワハラや暴言があると相談があり発覚したようです。

トップの選手を育てるための厳しい指導だったのかもしれませんね。

3歳の頃からアリーナつきみ野スポーツクラブで水泳をはじめ

ずっと萱原コーチから指導を受けていたという青木智美さん。

パワハラは許されないかもしれないですが、青木智美さんにとっては、これまでの成長を支えてきたコーチだと思いうので、少し心配です。

3年間の処分であれば、東京五輪も萱原こーちは不在なのかもしれないですね。

青木智美選手の競技に影響がないといいですね。

彼氏については情報がありませんでしたが、

彼氏の情報も得る事ができませんでしたが、KAT-TUNの亀梨君のファンであることがわかりました!

もしかしたら、イケメン好きのようですね!

東京五輪前の大事な時期なので、きっと今は水泳に集中されてるのかもしれませんね。

青木智美の中学高校や出身と経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日2019年4月6日(土)に開催されました競泳日本一決定戦★JAPAN SWIM 2019★『第95回日本選手権水泳競技大会』(東京辰巳国際水泳場)決勝におきまして、Challenger/TOP SPEED サポートアスリートの青木智美選手が女子100m自由形でみごと優勝、そして200m自由形でも3位に入賞されました。おめでとうございます! 青木選手とは2019年2月より正式にサポート契約を締結し、チャレンジャーおよびTOP SPEEDウルトラミネラルタブレットをご愛用いただいております。 みなさま、これからも応援をよろしくお願いいたします! #challenger_powerdrink #topspeed_japan #ultramineraltablet #japanswim #japanswim2019 #青木智美 #競泳 #競泳日本選手権 #swimming #olympian #チャレンジャー #パワードリンク #パラチノース配合 #ウルトラミネラルタブレット

Top Speedさん(@topspeed_japan)がシェアした投稿 –

青木智美プロフィール

【生年月日】1994年10月25日

【出身】  神奈川

【中学】  南林間中学校

【高校】  神奈川県立総合高等学校

【大学】  法政大学

【身長】  164cm

【体重】  55㎏

【種目】  自由形

【所属】  アリーナつきみ野スポーツクラブ、あいおいニッセイ同和損害保険

出身は、神奈川県です。

3歳の時にお兄さんの影響でアリーナつきみ野スポーツクラブにおいて水泳を始めています。

小学生でジュニアオリンピックに出場、中学1年生で全国大会に出場しています。

小学生の頃から、才能が開花していたようです。

南林間中学校から神奈川県立総合高等学校に進みました。

高校3年の時にインターハイの100m自由形で6位、200m自由形で7位。

法政大学社会学部へ進むと、2年時にジャパンオープンの200m自由形で3位。

世界短水路選手権に出場すると、400m及び800mフリーリレーでそれぞれ6位。

3年の時には日本選手権の200m自由形で4位になり、世界選手権のリレーメンバーに選ばれました。

世界選手権では800メートルフリーリレーで7位となり、リオ五輪の出場権を獲得しました。

2016年8月のリオ五輪に出場し、800mリレーで8位でした。

2017年、大学を卒業して8月1日付であいおいニッセイ同和損害保険所属となっています。

同年の日本選手権では100m自由形で2位、200m自由形では3位でした。

世界選手権の800mフリーリレーでは日本記録で5位に入りました。

2018年には、日本選手権 100m自由形2位 200m自由形3位。アジア大会 100m自由形4位 400mリレー1位 400mメドレーリレー1位 混合メドレーリレー2位。

と書ききれないほどの成績をおさめられています。

そして、2019年7月に行われた世界選手権では4×100mフリーリレー決勝7位、4×200mフリーリレー決勝8位で、種目としての五輪出場が内定しています。

メンバーは未定のようですが、メンバーに選ばれる可能性は高いのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、神奈川県出身の競泳選手で東京五輪候補の青木智美さんについてまとめました。

3歳から水泳を始められ、小学生の時から数々の成績をおさめられています。

前回のリオ五輪に出場し、五輪経験者です。

2019年7月に行われた世界選手権では4×100mフリーリレー決勝7位、4×200mフリーリレー決勝8位で、種目としての五輪出場が内定しています。

メンバーは決まっていないようなので、今後の大会の結果で決まってくるのではないでしょうか。

代表に選ばれるか注目です。