お笑い芸人

ニューヨーク(芸人)はごり押しされてる?プロフィールとネタは?

Pocket

こんにちは、るほりです。

コント日本一を決める『キングオブコント2020』(TBS系)の決勝進出10組が決定しましたよね。

決勝は、9月26日19時から生放送です。

決勝には4組が初めて進み、10組のどのコンビ(トリオ)が優勝しても初優勝になります。

うるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディの10組が出場します。

初の決勝進出を決めた、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディの4組から優勝が飛び出すのか、それとも、これまで決勝進出経験のある6組の中から優勝が決まるのか、とても楽しみです。

そこで気になるのが初の決勝進出を決めた4組のコンビではないでしょうか。

今回は4組の中のコンビ「ニューヨーク」について紹介していきたいと思います。

ニューヨークについて検索すると「ごり押し」「つまらない」というワードが出てきました。

そこで

ニューヨーク(芸人)はごり押しされてる?

ニューヨーク(芸人)のプロフィールやネタは?

について紹介していきたいと思います。

この記事を読むことで、ニューヨーク(芸人)について詳しく知ることができますよ。




ニューヨーク(芸人)はごり押しされてる?

ニューヨーク(芸人)は、吉本興業にごり押しされてるようですが、なかなか結果が伴わないようです。

それでも、ニューヨークの2人はM-1グランプリで決勝に進出するなど実力はつけてきているようです。

しかし、ニューヨークの2人に対しては、酷評も多く、性格の問題を指摘する声は少なくないようです。

ネタがつまらないという声も、性格を問題視している人からの意見が多いようです。

本当にネタはつまらないのでしょうか。

昨年(2019年)のM-1グランプリでは、笑みを浮かべながら馴れ合いのように相方のボケに突っ込むスタイルが審査員のダウンタウン松本人志さんから「僕はそんなに好きじゃない」と不評でした。

松本さんは「ちゃんと言うときたいんやけど、笑いながら突っ込むのは別にそこまで嫌いやない」と擁護しつつ、「なんか俺の奥にあるんやろな。あんまり好きなタイプじゃないっていうのが…」と評価しました。

ネットでは松本さんと同じく“なんか好きになれない”との酷評が多く寄せられたといいます。

『ニューヨークは人柄があんまりよろしくないですからね。性格が悪そうだなって思えてしまう部分が多々』

『好きになれない気持ち分かるわ。実力以上に、人に好かれないのは致命的』

といった2人の内面に対する指摘もあるようです。

『ニューヨークのネタいくつか見たけど、どれも面白くなかった』

『本当に面白くて力があったら誰からも評価されるよ』

との厳しい声もあるようです。

中でも、M-1グランプリで松本さんから酷評を受けた際のふてくされた態度が、見ていて不快だったとする批判が多いようです。

確かに大先輩の評価に酷評だったとはいえ、ふてくされた態度はいけなかったかもしれなしですね。

一方で、本当は性格がいいという意見もありました。

なかなか一度ついた悪いイメージをよくするのは難しいかもしれませんが、先輩の意見を聞き、謙虚に行動することで、徐々にいいイメージがついてくるのではないでしょうか。

嫌いだった人のいいところをみつけた時に、一気に好きになったりすることもあるので、人気が急上昇する可能性もあるのではないでしょうか。

酷評がある一方で、面白いという意見も多くます。

私はニューヨークの2人は面白いと思うので、これからも面白いネタを作って、人としても成長し、日本中に笑いを届けてほしいです。




ニューヨーク(芸人)のプロフィールやネタは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#インスタものまね 「ライブハウスのオーナー」 のものまねです☆ #ライブハウス

ニューヨーク 嶋佐和也(@kazuyashimasanewyork)がシェアした投稿 –

名前:嶋佐 和也(しまさ かずや)

生年月日:1986年5月14日(2020年9月現在34歳)

出身:山梨県富士吉田市

高校:山梨県立吉田高等学校

大学:神奈川大学

身長:168㎝

趣味・特技:プロレス、空手、格闘技鑑賞、映画鑑賞、モノマネなど

担当:ボケ、立ち位置は向かって左

所属:吉本興業、NSC東京校15期

名前:屋敷 裕政(やしき ひろまさ)

生年月日:1986年3月1日(2020年9月現在34歳)

出身:三重県熊野市

高校:三重県立木本高等学校

大学:同志社大学文学部社会学科メディア学専攻

身長:174㎝

趣味・特技:ADモノマネ、空手、版画、三味線

担当:ツッコミ、フーセン、立ち位置は向かって右

所属:吉本興業、NSC東京校15期

漫才、コントのどちらもに行います。

皮肉や偏見に満ちたネタが多く、嶋佐は標準語で、屋敷は三重弁で話します。

嶋佐さんの演技力が武器で「窪塚洋介さんや市原隼人さんがえんじるようなヤンキー」など、映画やテレビドラマを元ネタにしたものも多いようです。

《M-1グランプリ》

2015年(準々決勝進出)、2016年(準決勝進出)、2017年(準決勝進出)、2018年(準々決勝進出)、2019年(決勝進出10位)

《キングオブコント》

2014年、2015年(準決勝進出)、2017年(準決勝進出)、2019年(準々決勝進出)、2020年(決勝進出)

《その他》

2015年: マイナビLaughter Night2015グランドチャンピオン

2015年:渋-1グランプリ優勝

2019年:歌ネタ王決定戦準決勝進出

2020年 :千鳥の相席食堂「街ブラ-1グランプリ」優勝(初代王者)

それだは、ネタを見ていきたいと思います。

漫才もコントもテンポがよくておもしろいですね。

2019年にM-1グランプリで、決勝に進出しており、実力を着実につけているのではないでしょうか。

ネタの内容によっては、優勝の可能性があるのではないかと思います。

『キングオブコント2020』本番のネタを楽しみにしたいと思います。

まとめ

今回は、9月26日に生放送される『キングオブコント2020』の決勝進出を決めている「ニューヨーク」についてお伝えしました。

決勝進出は初めてです。

「ニューヨーク」は、2019年のM-1グランプリでは決勝進出を果たし、ここ数年のキングオブコントでは、準々決勝進出、準決勝進出とあと一歩のところまできています。

ネタの内容によっては、初優勝の可能性があるのではないでしょうか。

本番のネタを楽しみにしたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。