お笑い芸人

ガンバレルーヤよしこ病気の症状は?出身や経歴とコンビのネタは?

Pocket

こんにちは、るほりです。

コロナ自粛で何をしていますか?

私はパートをしながら、ブログを書いています。

少しずつですが、収益も上がっています。

ブログで気になる人を調べるとこんな「ひとだったんだぁ」とその人に事がますます気になったり、好きになります。

今回は気になってる人の1人である「ガンバレルーヤ」のよしこさんについて調査していきたいと思います。

ガンバレルーヤの2人は、2人ともなんか雰囲気が好きなんです。

みてるとおもしろいし、ほんわかした気持ちになります。

ガンバレルーヤよしこの病気の症状は?

2018年11月、よしこさんは体の各部位が肥大化する難病「下垂体腺腫」を患い緊急手術のため、一時休養していたそうです。

2017年頃より、急に顔に吹き出物がブツブツでるようになったり、左目の視界が半分ほどが白く見えにくくなったそうです。

念のため眼科を受診したそうですが、「異常なし」と診断されたそうです。

売れっ子になった2人は2018年には200本以上の番組に出演していましたが、症状はひどくなる一方だったそうです。

仕事に合間に再度眼科を受診しても異常がなく、医師も首をひねったといいます。

相方のまひるさんからの誕生日プレゼントである24.5cmの靴を履こうとしても入らなかったそうです。

26cmでも入らず、27cmになっていたそうです。

その時のよしこさんは、「むくんでいるのか・・・」と気にも留めなかったそうです。

足だけでなく、手もパンパンに腫れ、「先端巨大症」の症状が出ていたそうです。

2人がお兄ちゃんと慕う「FUJIWARA」の藤本敏史さんがよしこさんの鼻が大きくなったことに気付き、体調を心配していたそうです。

鼻だけでなく、あごも出てきたそうです。

このころには、こめかみに痛みを感じるようになり、たまたま受診した人間ドックで、下垂体腺腫を宣告されたそうです。

腫瘍は3センチ大にまで肥大し、視神経を圧迫していたそうです。

よしこさんが患った「下垂体腺腫」は、頭蓋内の中心にあるホルモンをつかさどる下垂体に腫瘍ができる病気です。

「成長ホルモン」が過剰に分泌されるため、体の各部が肥大していく病気です。

よしこさんは宣告された時「びっくりした。腫瘍と聞いて怖かった。いままでの症状が全部つながった。手も足も左目の異常も全部、この腫瘍のせいだったんだとわかった」と振り返っています。

すぐに入院し、内視鏡による緊急手術で腫瘍は取り除かれましたが、担当した医師によると、よしこさんはかなり放置していたため、失明の危険があったそうです。

約1か月の入院を経て無事に完治したそうです。

手術によって肌も綺麗になり、鼻や手足はスッキリしたそうですが、あごは骨が大きくなっているので、元には戻らないと医師から言われたそうです。

あごを戻すためには、整形手術をする必要があるそうです。

お笑い芸人なので、戻すことなく「不細工芸人」として、キャラにしていくのかもしれないですね!

芸能人の方の病気や療養は、視聴者に勇気を与えてくれてるといつも思います。

同じような症状があれば参考にもなり、自分も頑張ろうと力をもらえるのではないのでしょうか。

症状があったら早めに受診をすることへの参考にもなりました。

完治されてホントによかったです。

ガンバレルーヤよしこの出身と経歴は?

よしこプロフィール

本名:永田 淑子(ながた よしこ)

生年月日:1990年10月24日(2020年5月現在29歳)

出身:愛知県豊田市

学校:NSC大阪校35期

所属:吉本興業東京本社

かつてはギャルで、高校時代にはギャルたちが入っているサークルである「ギャルサー」に入っていたそうです。

高校卒業後3年間は老人ホームで介護の仕事をしていましたが、このままでは未来がないと思い、一度夢にチャレンジしようと思って退職し、お笑いの世界に入ったそうです。

私も15年間看護師として正社員で働いていましたが、「もっと人の役に立ちたい」「他のことにチャレンジしたい」と思い退職し、色々なことにチャレンジしていますが、後悔はなく退職して良かったと思っています。

よしこさんも後悔しないようチャレンジしたことが、今に活躍に繋がっていると思うので、素晴らしいと思いました。

よしこさんは、もともとお笑いは好きだったそうですが、子供の頃から恥ずかしがり屋で引っ込み思案なところを直そうと思ったことがきっかけで、お笑いの世界に入ったそうです。

ロングヘアーで、小雪の真似をすることがあります。

キレると「クソが!!」と暴言を吐くことがあります。

相方のまひるさんとの出会いはNSC入学前のエレベーターでした。

まひるさんがエレベーターの中で腹痛に襲われてうずくまっていた所によしこさんが声を掛け、よしこさんがまひるさんの部屋に「食物繊維を摂らなきゃ」と心配してきんぴらごぼうを届けてごちそうしたそうです。

よしこさん、優しいですね!

NSCの入学式で再度会い、この時すでにまひるさんはよしこさんの才能に気付き、「この人が私の相方だったらいいのにな」と思ったそうです。

その後大阪時代は一緒に住み、東京に進出してからも一緒に住んでいるそうです。

よしこさんは入学後すぐに他の人の誘われてトリオを組み、まひるさんも別の人とコンビを組み、NSC 時代の最初は別々に活動していたそうです。

約1か月後にどちらも解散しました。

それを機会にまひるさんからよしこさんを誘い、コンビを結成しました。

2017年2月放送の『内村てらす』にて大阪発のおすすめ芸人としてダイアンに紹介され、5月に東京進出するとともに『内村てらす』のレギュラーになりました。

2018年11月16日、下垂体腺腫と診断され、手術のために一時休養しました。

同年の『女芸人No.1決定戦 THE W』では決勝進出を決めていましたが、手術のため決勝戦出場を辞退しました。

12月15日に『ドリーム東西ネタ合戦2019』の収録で仕事復帰を果たしました。

よしこさんとまひるさんは、お互いに「よっちゃん」「まーちん」と呼び合っています。

お母さんがよしこさんで、子供がまひるさんのネタが多いようです。

ガンバレルーヤのネタはコント中心ですが、漫才に作り変えることもあります。

結成当時は漫才中心でしたが、当時ツッコミだったよしこさんが限界を感じ、ボケとツッコミを逆にしてコントを始めるようになったそうです。

濃いめのメイクが特徴的ですが、テレビ出演が少なかった頃、目立つように、もっともっとと気合を入れてメイクしていったら濃くなり、今でも続けているそうです。

視聴者からの好感度も高く、「イモっぽいが癒される」「笑顔に和む」などという声が多く、オリコン調べ『2017 ブレイク芸人ランキング』の女性芸人部門でも4位にランクインしました。

ホント私もあのガンバレルーヤの2人の笑顔や存在には癒されています。

まとめ

今回は、ガンバレルーヤのよしこさんについて調査しました。

2018年に下垂体腺腫と診断され、手術をしています。

その1年程前より、吹き出物や手足の肥大、鼻やあごも出てくる症状があり、1番は左目の半分ほど白くなる見えにくい症状があり失明寸前でした。

あごが出る症状以外は落ち着き、完治しています。

ガンバレルーヤは、癒し系の2人なので、これからも活躍し、癒しを届けて欲しいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。