オリンピック内定選手

一山麻緒が名古屋で東京五輪内定!中学高校や出身と経歴も!

Pocket

こんにちは、るほりです。

名古屋ウィメンズマラソンが本日(2020年3月8日)開催されました。

残り1枠の東京五輪代表を争うMGC(マラソングランドシチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ女子最終戦を兼ねて行われました。

一山麻緒選手(ワコール)が優勝し、東京五輪代表の切符を手に入れました。

今回は、名古屋ウィメンズマラソンで初優勝し、東京五輪の代表に内定した一山麻緒選手について調査したいと思います。

気温も下がり、雨という悪条件の中、日本人歴代4位、7年ぶりの日本人優勝という快挙を達成しました。

そんな一山選手のプロフィールや経歴を調査していきたいと思います。

一山麻緒が名古屋ウィメンズで優勝!東京五輪内定!

 

東京五輪代表には昨年9月のMGC本選を制した前田穂南選手(天満屋)と2位の鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)が内定しています。

残る1枠はファイナルチャレンジ全3戦(さいたま国際、大阪国際、名古屋ウィメンズ)で2時間22分22秒以内ををマークした日本人最速選手が選出されることになっていました。

1月の大阪国際では松田瑞生選手(ダイハツ)が2時間21分47秒を記録していました。

今回の名古屋ウィメンズマラソンでは、松田選手の記録を上回った最上位が最後の1枠に内定し、上回る選手がいなければ松田選手が3人目の代表に内定するという条件でした。

今回の大会は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、エリートの部のみの参加で開催されました。

2時間20分29秒の好タイムで一山麻緒選手が見事初優勝し、女子マラソン東京五輪代表の切符を手にしました。

30㎞地点で一山選手は先頭に飛び出し、独走状態となりました。

ゴールすると監督と抱き合い、優勝をともに喜びました。

優書インタビューでは、「今日みたいな日が来るのが夢だった。夢見たいです。」と語りました。

雨が降り続く中でのレースでしたが、「こういう日だからこそ、(代表内定を)きめられればカッコいいなと思っていました」とも語っています。

悪条件を、プラスにとらえ、国内最高記録での初優勝で、しかも東京五輪代表の内定を決める一山選手選手は、とてもカッコいいと思いました!

カッコよすぎです!!

一山麻緒の中学高校や出身と経歴も!

一山麻緒プロフィール

一山麻緒プロフィール

名前:一山 麻緒(いちやま まお)

生年月日:1997年5月29日(2020年3月現在22歳)

出身:鹿児島県

中学:出水中学校(鹿児島県)

高校:出水中央高校(鹿児島県)

所属:ワコール

身長:158cm

体重:43㎏

中学では800m・1500mで県大会入賞、高校では1500mと300mでインターハイに出場しています。

高校卒業後、実業団のワコールに所属しました。

高校までは、目立った成績はありませんでしたが、ワコールに入社してから大きく成長しました。

全日本実業団女子駅伝の1区区間記録保持者で、2017年の日本陸上選手権クロスカントリー優勝者という経歴も持っています。

レースを生中継(フジテレビ)で解説を務めた、シドニー五輪女子金メダリストの高橋尚子さん(47)は「天候が雨で、非常に過酷な条件の中で2時間21分47秒をを切らなければならないという精神的に追い込まれた中でのこのタイムは非常に高い評価になると思います。」と絶賛されていました。

22歳と若く、フルマラソン歴も短い一山麻緒選手ですが、悪条件をプラスに考え、精神的にも強い選手であることがうかがえますね。

かわいい画像もご紹介!

まとめ

今回は、女子マラソンの東京五輪代表に最後の一枠に内定した一山麻緒選手について調査しました。

一山麻緒選手は、本日行われた名古屋ウィメンズマラソンで、見事初優勝を飾り、東京五輪代表の内定を手に入れました。

高校までは目立った記録はありませんでしたが、ワコールに入社して、大きく成長している選手でした。

出身は鹿児島で、出水中学校、出水中央高校を経て、現在所属しているワコールに入社しています。

22歳という若さと勢いもあり、伸びしろも大きいのではないでしょうか。

東京五輪本番に向けては、「世界と戦うにはまだまだ記録も劣っている。もう一段階、質の高い練習をして日本代表としてカッコいい走りができたらいい。」と一山麻緒選手は抱負を語っています。

東京五輪では、今回のようなカッコいい走りを期待しています。

頑張ってください!