気になる人物

大本里佳の経歴や彼氏と中学高校は?父母や水泳成績とかわいい画像も

こんにちは、るほりです。

今回は、競泳の大本里佳選手についてお伝えしていきたいと思います。

種目は、主に個人メドレーをされているようですが、自由形、バタフライでも自己ベストを更新されており、まだまだ進化されてるようです。

2019年7月に行われた世界選手権では女子4×100mフリーリレー、4×100mメドレーリレー、女子200m個人メドレーに出場されました。

大本選手は生後1歳で水泳を始められています。

競泳選手の方は小さいころから水泳を始められてる方が多いようですね。

そんな大本選手の出身や経歴、彼氏やご両親の事など、世界選手権の結果と合わせて、お伝えしていきたいと思います。

見た目もかわいい大本選手の画像も掲載しますね。

大本里佳の出身や経歴・水泳の成績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

明日、テレビ朝日GET! SPORTSでは… 世界水泳初代表の大本里佳選手を放送します🏊‍♀️ 今年から自己ベストを連発し世界水泳選考会では 女子200m個人メドレーで 見事代表権を獲得した今勢いにのる選手です!! 中央大学法学部に通う女子大生の一面も持つ大本さん🙋‍♀️ 大好物のたぴおかに「止まらない♥️」 (あぁ可愛いと思いながら編集しました) その可愛さの続きと 大本さんが急成長を遂げたヒミツは本編でお楽しみ下さい🏊‍♀️ 放送は、 6月30日(日)25:30〜『GET! SPORTS』※一部地域を除く #世界水泳 #テレビ朝日 #getsports #水泳 #swim #swimmer #大本里佳 地元は #京都 好物は #たぴおか #タピオカ #中央大学 #イトマンスイミング

テレ朝水泳さん(@swim5ch.tvashi)がシェアした投稿 –

大本里佳プロフィール

【生年月日】1997年5月8日(2019年7月現在22歳)

【出身地】 京都府

【中学】  立命館中学校

【高校】  立命館高等学校

【大学】  中央大学法学部

【所属】  イトマンスイミングスクール

【種目】  個人メドレー

【身長】  173cm

【体重】  58㎏

 

大本選手は生後1歳で水泳を始められました。

平泳ぎをされていたそうですが、コーチから「センスがないから、個人メドレーにしたらどうか」と勧められたため、個人メドレーの選手となられました。

小学6年次の最後の試合であった第32回全国JOCジュニアオリンピック春季水泳競技大会に於いて、11歳~12歳女子個人メドレーで学童新記録(当時)を樹立して注目を集められました。

中高一貫校の立命館中学校・高等学校に進学すると、中学校時代は1年でジュニアパンパシフィック選手権に出場して女子200m個人メドレー2位、2年の時にはアジアエージグループ選手権にて200m自由形と200m/400m個人メドレーの三種目を制覇するなど、将来を期待される選手となられました。

立命館高等学校へ上がると、2014年(高2)と2015年(高3)のジャパンオープンで2年連続で優勝されました。

2014年パンパシフィック水泳選手権ではシニア日本代表として自由形と個人メドレーの2種目に出場、200m個人メドレーで5位入賞を果たされました。

2015年、地元京都でのインターハイでは女子200m個人メドレーで優勝を飾られました。

高校在学中に競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」の一員として活躍されました。高校生で日本代表はすごいですね!

2016年に中央大学法学部に進学され、大学1年の際のリオデジャネイロオリンピック選考会となった第92回日本選手権水泳競技大会では決勝6位とおよばず、代表の切符を手にすることはできませんでした。

2017年、大学2年では台北ユニバーシアード競技大会2017日本代表に選出され、女子4×200mフリーリレーでは五十嵐千尋、露内若葉、大橋悠依と決勝でチームを組み、銅メダルを獲得されました。

2019年、大学4年となると、第95回日本選手権水泳競技大会では女子200m個人メドレーで派遣標準記録を突破し、2019年世界水泳選手権の日本代表を自力で獲得されました。また日本選手権では女子50m自由形も制覇されました。

さらに6月のジャパンオープンでは女子100m自由形で優勝して世界選手権のフリーリレーメンバー入りも決められました。

今月(2019年7月)行われた世界選手権では、女子4×100mフリーリレー(大本・白井・青木智・佐藤)決勝7位、4×100mメドレーリレー(酒井・青木玲・牧野・大本)決勝6位で東京オリンピックの内定が決まりました!

大本里佳の両親や彼氏は?


大本選手のご両親についての情報は得る事ができませんでした。彼氏についても情報を得ることができませんでした。

大本選手はとてもかわいくてモテると思いますが、今は競技に集中されているのかもしれませんね。

ご両親や彼氏の情報は得られませんでしたが、お兄さんの情報を得ることができました。

大本選手はお兄さんが2人いらっしゃるようです。

お兄さんたちの影響で、水泳を始められた(1歳からなので自分の意志ではなさそうですね)そうです。

5つ上の遼平さんは、2014年に近畿大学水泳部の主将を務められ、バタフライの選手だったようです。

3つ上の鷹志さんは、大本選手と同じ中央大学を卒業され、中央大学在籍中には水泳部の主将を務められ、自由形短距離のエースだったそうです。

2人とも主将を務められるなんて、責任感や信頼のある方なんでしょうね。

現在お2人が水泳をされてるかは情報を得ることができませんでしたが、競技としてはされなくなっても、水泳は続けられてるのではないでしょうか。

お兄さん2人はかっこよくて、お兄さん達から見た大本選手はかわいいんでしょうね~。

まとめ

今回は、競泳選手の大本里佳選手についてお伝えしました。

ご両親と彼氏の情報を得る事はできませんでしたが、お兄さんが2人いらっしゃることがわかりました。

1歳から水泳を始められ、中学高校は、中高一貫校の立命館中学・高等学校でした。

大友選手は個人メドレーの選手ですが、自由形とバタフライも得意とされてるようです。

リオデジャネイロオリンピックには出場できませんでしたが、女子4×100mフリーリレーと4×100mメドレーリレーで東京オリンピックの内定を決められています。

中学生の時から活躍され、見た目もかわいい大本選手はとても人気があるのではないでしょうか。

東京オリンピックでの活躍を期待して、テレビの前で応援したいと思います。

それでは今日はここまでとさせていただきます。

また次回の「るほりの笑顔」でお会いしましょう。

ありがとうございました!