女優

服部樹咲の中学や小学校や出身は?バレエの実力や演技がすごい!

Pocket

こんにちは、るほりです。

本日、2020年9月25日(金)に草なぎ剛さんの主演映画『ミッドナイトスワン』が公開となりました。

草なぎさん演じるトランスジェンダーの主人公と同居するヒロイン役に14歳の新人が抜擢されました。

オーディションで数百人の中から、演技未経験ながら選ばれたのが、服部樹咲さんです。

内田英治監督は、オーディションの入ってきた瞬間に「この子だ」と思ったそうです。

この規模の作品に演技未経験の新人が起用されるのは奇跡だと監督は話しています。

また、プロデューサー含め全員一致で決定したんだそうです。

そこで演技未経験ながらに映画のヒロインに抜擢された服部樹咲さんについて

服部樹咲の中学や小学校や出身は?

服部樹咲のバレエの実力は?

服部樹咲の演技がすごい!

と題してお伝えしていきたいと思います。

この記事を読むことで、服部樹咲さんについて詳しく知ることができますよ!

服部樹咲の中学や小学校や出身は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

続けて『ミッドナイトスワン』より、内田英治監督と14歳で新人女優・服部樹咲さんインタビュー。 8月某日、渋谷のスタジオにてインタビューと撮影を敢行しました。服部樹咲さんはこの日が人生初の取材だったそうで、まだ慣れていないところはありましたが、一生懸命お話ししてくれました。 本作は、バレエのダンスシーンがとても美しいですが、普通はプロしか踊らないという「白鳥の湖」に、服部樹咲さんは劇中で挑戦しています。 ▶記事&フォトギャラリーはプロフィールのリンクから 【インタビュー】草彅剛(凪沙)を大きく変えていく圧倒的な存在感の新人女優・服部樹咲×内田英治監督。『ミッドナイトスワン』 https://nbpress.online/archives/31309 #ミッドナイトスワン #草彅剛 #服部樹咲 #内田英治 #凪沙

NB Press Online(@nb_press_online)がシェアした投稿 –

名前:服部 樹咲(はっとり みさき)

生年月日:2006年7月4日(2020年9月現在14歳)

出身:愛知県

小学校:不明

中学校:不明、現在中学2年生

事務所:所属なし

服部樹咲さんは、4歳の頃からバレエを始めており、数々のコンクールの受賞歴があります。

通っていた小学校の詳細がわかりませんでしたが、小学校低学年の時名古屋市熱田区にある「エリカバレエスタジオ」に通っていたという情報があたので、名古屋の小学校に通っていた可能性が高いようです。

中学の詳細もわかりませんでしたが、東京の「デパルクバレエスクール」、神奈川の「Namueバレエ学校」に在籍し、現在は神奈川県川崎市にある「Ballet Studio forte」(バレエスタジオフォルテ)に所属しているようです。

出身は愛知県ですが、現在は神奈川県のバレエスタジオに通っていることから、神奈川県へ引っ越してる可能性が高いのではないでしょうか。

そこで、バレエスタジオに比較的近い神奈川県の中学に通っているのではないでしょうか。

また、服部樹咲さんは芸能事務所に所属してないという情報がありました。

女優の道に進むのか、バレエの道に進むのか、あるいは二刀流で行くのか、多才な服部樹咲さんの今後の活躍が楽しみですね!

服部樹咲のバレエの実力は?

服部樹咲さんは4歳からバレエを始め、数々の受賞歴があります。

2015年:第69回NAMUEクラシックバレエコンクール京都・2位

2016年:第76回NAMUEバレエコンクール名古屋・1位(小学生低学年部門)

2017年:

ニュージェネレーションバレエコンクール芸術性賞・葛飾区教育長賞

NBAジュニアバレエコンクール東京小学5年生部門・4位

第102回NAMUEクラシックバレエコンクール神奈川小学校高学年の部・3位

2018年:

NBAジュニアバレエコンクール小学校高学年の部・3位

NBAジュニアバレエコンクール・1位

本当に素晴らしい受賞歴ですね!




服部樹咲の演技がすごい!

《ミッドナイトスワン・あらすじ》

15分の予告編でなぜか涙が出てきました。

草な剛さんは演技がうまくて、服部樹咲さんも新人とは思えない演技でした!

新宿のショーパブで働く凪沙(草なぎ剛さん)が、ネグレクトされた親戚の少女・一果(服部樹咲さん)を養育費目当てで引き取ったことから、人生が一変していく物語です。

服部樹咲さんが演じる一果は、凪沙の持っていたバレエの衣裳を目にしたことからバレエに魅せられ、生きがいを見いだすようになり、凪沙と心を通わせていきます。

草なぎ剛さんが演じるのは、身体と心の葛藤を抱えながらも、新宿のショーパブを舞台に生きる凪沙です。

服部樹咲さんは親の愛に恵まれず育つも、バレエダンサーを夢見る一果役を務めました。

一果が踊る「白鳥の湖」「アルレキナーダ」などの名作とともに、凪沙の母性の目覚めを、切なくも美しい“現代の愛の形”として描き出されているようです。

 

トランスジェンダーという難役に挑んだ草なぎ剛さんはイベントで、

「今回、樹咲ちゃんは演技初めてだったんですけど、カメラの前に立つと、本当に一果にしか見えなかった。(事前に)考えてきたこともあったんですが、いろいろ考えて演じるんじゃなくて、樹咲ちゃんの目を見て演技しようと思ったらできました」

としみじみ語っています。

服部樹咲さんは、特技であるバレエを生かし、本作で華々しい女優デビューを飾りました。

草なぎ剛さんは

「本当に僕が(樹咲ちゃんに)引っ張られました。演技は経験じゃなく、そのままそこに佇んでいる姿が1番大事だなと思って、僕をゼロに戻してくれた。樹咲ちゃんのおかげで、今までで1番無意識な状態で演技ができました。“エピソードゼロ”草なぎ剛です」

と語っていました。

草なぎ剛さんも絶賛する服部樹咲さんの演技のようです。

トランスジェンダーやネグレクトなど、社会問題となっている問題を取り上げた映画『ミッドナイトスワン』は、演技に定評のある草なぎ剛さんと話題の新人・服部樹咲さんによって最高の映画になったのではないでしょうか。

映画館に行けるかわかりませんが、いつか必ず見たいと思いました!

内田英治監督いわく、一果役は「バレエ経験がある」というのは譲れない条件だったようです。

オーディションに入ってきた瞬間に『この子だ』と思ったという内田監督。

『ミッドナイトスワン』と服部樹咲さんは運命の出会いだったのではないでしょうか。

そのことからも映画を見るのがとても楽しみです。




まとめ

今回は9月25日公開の草なぎ剛さん主演映画『ミッドナイトスワン』に演技未経験であながら、ヒロイン役に抜擢された服部樹咲さんについてお伝えしました。

出身は愛知県で通っていた小学校や通っている中学校の詳細はわかりませんでした。

現在は神奈川県にあるバレエスタジオに通っていることから、神奈川県に住んでいることが予想されます。

4歳からバレエを始め、数々のコンクールでの受賞歴がありました。

演技も素晴らしいようで、草なぎ剛さんや内田監督も絶賛されています。

14歳の大型新人のこれからの活躍を楽しみにしたと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

服部樹咲が通っていたバレエ教室はどこ?所属した事務所フラームとは?こんにちは、るほりです。 俳優の草なぎ剛さんが、トランスジェンダー役に初挑戦した映画『ミッドナイトスワン』で、演技未経験の中学生、...
服部樹咲と蒼井優は似てる?似てない?比較画像で検証してみた!こんにちは、るほりです。 俳優の草なぎ剛さんが、トランスジェンダー役に初挑戦した映画『ミッドナイトスワン』で、演技未経験の中学生、...