俳優

新田真剣佑が『名も無き世界のエンドロール』で岩田剛典と共演!

Pocket

こんにちは、るほりです。

新田真剣佑さんが話題になっています。

イケメンで少し問題児の新田さんは、いつも話題になっている印象があります。

イケメンで大好きな顔なので、私もついつい注目してしまいます。

今回の話題は人気グループ・EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典さんが主演を務めることが発表された、『名も無き世界のエンドロール』新田真剣佑さんが共演することがわかりました。

今回は、色々と話題になっている新田真剣佑さんについて紹介していきたいと思います。

新田真剣佑が岩田剛典と初共演!

新田真剣佑さんは岩田剛典さんが主演を務めることになった『名も無き世界のエンドロール』に出演することが発表されました。

2人は初共演のようです。

主演の岩田剛典さんが2012年に「第25回すばる新人賞」を受賞し、映画化決まった行成薫さんの小説です。

岩田さんは「裏社会」から、新田さんは「表社会」から、自らの運命を変えた不条理な世の中への復讐劇が描かれます。

公開は2021年のようです。

《あらすじ》

お互いに親がいない岩田さん演じるキダと、新た演じるマコト、同じ境遇の転校生・ヨッチは、支え合いながら平和に暮らしていました。

20歳の時にある事件が起こり、彼らの人生が大きく狂い始めます。

キダは裏の社会、マコトは表の社会で、10年もの時間をかけて必死にのし上がっていきます。

キダは、大事な友達のために裏社会に飛込み、殺人もいとわないという「闇の交渉人」です。

マコトは、キダの唯一の家族ともいえる存在ですが、ある事件をきっかけに人生が狂いますが、キダの力を借りながら貿易会社の社長として、表舞台で活躍します。

異なる世界で生きる2人は、どんな命がけの企みを仕掛けるのでしょうか。

衝撃のエンドロールはどのように紡がれるでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

* 2021年全国公開決定‼︎ . 『名も無き世界のエンドロール』が映画化‼️ . #岩田剛典 × #新田真剣佑 初共演⭐️ "2021年最強のバディ"に❗️ . 【岩田剛典&新田真剣佑が映画初共演 “裏社会”と“表社会”から復讐に燃える】 . 人気グループ・EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの 岩田剛典が2012年に「第25回小説すばる新人賞」を受賞し 映画化が決まった行成薫氏の小説『名も無き世界のエンドロール』で主演を務めることが、発表された。 共演は、初タッグとなる俳優・新田真剣佑。 岩田は“裏社会”から、新田は“表社会”から、自らの運命を変えた不条理な世の中への復讐劇が描かれる。 公開は2021年。 . お互いに親がいない岩田演じるキダと、新田演じるマコトは少年期に出会い、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも交わり、支え合いながら平和に暮らしていた。しかし、20歳のときに起こった“ある事件”をきっかけに、彼らの人生は大きく狂い始める。キダは裏の社会、マコトは表の社会で、10年もの時をかけ、社会の底辺から必死にのし上がっていく。異なる世界に身を置く2人が、命がけで仕掛ける企みと、その結末に胸を打たれる衝撃のエンドロールが紡がれる。 . キダ(岩田)は、大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人もいとわない“闇の交渉人”。 岩田自身、今まで見せたことのない“ハードボイルド”な男を体現し、俳優として新境地を開く。 マコト(新田)は、キダの唯一の家族ともいえる存在。 ある事件をきっかけに人生を狂わされるも、キダのちからを借りながら貿易会社の社長として、表舞台で活躍するストイックな男だ。 . 岩田は自身が演じるキダについて「常に幼なじみを想い、どこかアクセルを踏み切れずにいるもやもやとした葛藤を抱えながらも、計画遂行のために突き進んでいくような役柄でした」と分析。 初共演の新田については「マコトという役柄に象徴されるような天真らんまんさが印象的でした」と話す。 . 新田は「岩田さんとは初共演でしたが、以前、授賞式でお会いしており、今回ご一緒できてとてもうれしかったです」と笑顔。 「今回初めて劇中でマジックにも挑戦しており、現場で必死に練習した記憶があります。 ぜひ楽しみにしていてください」とアピールする。 . メガホンをとるのは映画『キサラギ』(07年)や『累-かさね-』(18年)などで知られる佐藤祐市監督。 「この作品にも大きなトリックがあります。 劇中には小さなトリックも登場します。 今回の『トリック』が、どのように観客に伝わるのか? 期待と不安が入り乱れる感覚ですが『早く見ていただきたい!』というのが正直な気持ちです」とコメント。 . 行成氏は「タイトルに“エンドロール”とあるように、 本作は映画を意識しながら書き上げた作品でした。 今回、映画化されることとなり、頭の中に漠然と思い浮かべていた映像がスクリーンで見られるということに、とてもわくわくしております」と喜んでいる。 ✩ 「名も無き世界のエンドロール」 来年公開が楽しみです✨ ✩ @namonaki2021 @mackenyu.1116 @takanori_iwata_official ✩ #名も無き世界のエンドロール #2021年全国公開#新田真剣佑 #岩田剛典#登坂広臣#今市隆二 #山下健二郎#NAOTO#ELLY#小林直己 #3JSB#三代目#三代目JSOULBROTHERS #三代目JSB#EXILE#EXILETRIBE#LDH

junrinn(@junrinn8)がシェアした投稿 –

 

《岩田剛典さんのコメント》

今回、僕が演じたキダという役は、両親がいない家庭に育ち幼少期からの数少ない友人をずっと大切にしている友達想いな人間です。

大人になってからも、常に幼なじみを想い、目的のために手段を選ばない闇の交渉屋として働きますが、どこかアクセルを踏みきれずにいるもやもやとした葛藤を抱えながらも、計画遂行のために突き進んでいくような役でした。

初共演のまっけん(新田真剣佑さん)は、マコトという役柄に象徴されるような天真爛漫さが印象的でした。

《新田真剣佑さんのコメント》

この物語は復讐劇であり、その復讐におけるキーとなる人物です。

僕が演じたマコトは色々なことを抱えた青年の役で、一度離れ離れになった岩田さんが演じるキダとあることをきっかけに再会することから物語が始まります。

岩田さんとは初共演でしたが、以前、授賞式でお会いしており、今回ご一緒できて、とても嬉しかったです。

今回初めて劇中でマジックにも挑戦しており、現場で必死に練習した記憶があります。

名も無き世界のエンドロール、ぜひ楽しみにしていてください。

 

岩田剛典さんと新田真剣佑さんの初タッグが楽しみですね!

イケメン2人を見ることができ、映画の内容もドキドキでどっちのドキドキかわからなくなりそうですね!

新田真剣佑の出身や経歴は?

新田真剣佑プロフィール

名前:新田 真剣佑(あらた まっけんゆう)

本名:前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)

生年月日:1996年11月16日(2020年6月現在23歳)

出身:アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス

高校:ビバリーヒルズ・ハイスクール

職業:俳優

所属:トップコート(日本)、アジアン・シネマ・エンターテインメント(アメリカ)

サンタモニカにて千葉真一さんの長男として生誕しました。

名前の由来はお父さんの千葉真一さんが「真実の剣を持って、人の右に出て欲しい」との願いが込められているようです。

特技は水泳・乗馬・殺陣・空手・レスリング・体操・水球・スキー・ピアノ・フルート・アルトサックスと幅広い特技です。

空手についてはLA空手大会で優勝する実力を持っているようです。

特技は俳優として大きな武器になると思いますが、新田さんは超イケメンでそれだけでも大きな武器なのに、他の武器もあるなんてすごいですね!

しかも英語もペラペラで、歌も上手いようなので、できないことはないのではないかと思ってしまいます。

お父さんである千葉真一さんが主演・監督した2007年の映画『親父』で映画デビューを果たしました。

その後2013年、アメリカで映画『SPACE MAN』に主演しました。

2014年からは日本で活動を始め、お父さんの出演した番組にゲストで登場したことから「かっこいい!」と話題となりました。

2017年5月22日、事務所の移籍と共に芸名を「真剣佑」から「新田真剣佑」に改名しました。

映画『ちはやふる』で綿谷新を演じ、自分の中で芝居を志すきっかけになったことから、原作者の末次由紀さんに許可を取り、「綿谷新」から「新田」をとったそうです。

『ちはやふる-上の句-』『ちはやふる-下の句-』では第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『ちはやふる』に思い入れがあるのがわかりますね!

《出演ドラマ》

『仰げば尊し』『僕たちがやりました』『トドメの接吻』『二つの祖国』『同期のサクラ』

《出演映画》

『ちはやふる』シリーズ『チア☆ダン』『OVER DRIVE』『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』『さよならまでの30分』

新田真剣佑さんが出演するというだけで話題になりますが、新田さんは役を重ねるごとに進化しているような感じがします。

新田さんは、イケメンというだけでなく、俳優としての実力も確実につけていますよね!

連続ドラマの主演をする日も遠くないような気がします。

新田さんが主演の連続ドラマが見てみたいですね!

まとめ

今回は新田真剣佑さんについて紹介しました。

2021年公開の映画『名も無き世界のエンドロール』に新田真剣佑さんが共演することがわかりました。

主演は岩田剛典さんですが、新田真剣佑さんは岩田さん演じるキダの友人で復讐のキーとなるマコトという人物を演じます。

2人の演技はどんな化学反応を起こすのか今から楽しみです。

少し前に新田さんは、自粛中に沖縄を訪れ、美女との沖縄居酒屋デートが報じられました。

SNSでは「すごく残念」といった失望や批判の声が相次ぎ、新田真剣佑さんは自身のTwitterに「自分の軽率な行動で皆様に不快な思いをさせてしまった。沖縄県民の皆様にも心から謝罪します」と投稿しました。

自粛中の外出に加え、美女との居酒屋デートはファンの方もショックだったのではないでしょうか。

でも、これからは行動を改めてくれるのではないでしょうか。

俳優としてのかっこいい新田さんをこれからも見たいので、自分で足元を壊さないことを願います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。