... ...
テレビ

森喜朗の顔色がヤバイ!女性蔑視発言による海外の反応は?

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が「女性が入る理事会は時間がかかる」と女性蔑視ともとれる発言で、波紋を広げています。

これまで何度も問題発言を繰り返してきたので、「またか」という感じです。

2月3日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議会に出席し、開催が危ぶまれている東京五輪について「どんなことがあってもやります」と改めて宣言しました。

森喜朗の顔色がヤバイ!

森喜朗会長について調べてみると、顔色を心配している声がたくさんありました。

顔色をこんなに心配されていて、筆者も心配になりました。

あんなにオリンピックに一生懸命なところはすごいと思いますが、顔色も悪く失言も多いので、そろそろ引退してもいいのかもしれないですね!

他の若い方に任せて欲しいです。

森喜朗の女性蔑視発言の海外の反応は?

海外の反応を見ていきたいと思います。

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」という発言に対して、海外の反応がありました。

複数の海外メディアは、

「女性をおとしめるもの」「性差別的」などの厳しい批判がSNSで広がり、森喜朗会長の辞任を求める声も広がっているなどと相次いで報じています。

ニューヨーク・タイムズ(電子版)は

「東京五輪トップが会合での女性の制限示唆」との記事を配信しています。

「女性をおとしめるJOC評議委員会での発言に関する報道により、ソーシャルメディア上で激しい批判を受けた」と伝えています。

フランスのAFPも、「東京五輪トップが性差別発言の報道」と記事を配信し、森喜朗会長の事を「失言でよく知られる」と紹介し、女性差別発言が、新型コロナ禍げ世界規模で続いていても組織委員が開催にこだわり、批判に直面する中で飛び出したとも報じました。

ロイター通信は、森喜朗会長の発言が以前から批判を集めていたと伝え、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが聖火ランナーを辞退したことも森会長の発言が理由ということについても触れています。

田村淳さんは、森喜朗会長の「どんなことがあってもオリンピックをやります」「有名人は田んぼを走ればいいとの意見もある」などの発言にたいして、「こういう発言をぽろっとしてしまうところが、人の気持ちをそぐというか、どうしても同意しかねる。農家の人に対しても失礼」と、聖火リレー辞退の理由を述べています。

厳しい意見が相次ぐ中、森喜朗会長の辞任は免れるのでしょうか。