... ...
芸人(お笑い、ものまね、落語家)

東京ホテイソンショーゴの高校大学や出身は?筋トレで太った?

こんにちは、るほりです。

12月20日(日)午後6時34分から生放送(テレビ朝日系)で、『M-1グランプリ2020』が開催されます。

今年は、どのコンビが優勝するのでしょうか。

お笑いコンビ・東京ホテイソンもファイナリストの1組です。

東京ホテイソンは、結成5年、決勝は初出場です。

今回は東京ホテイソンについて以下の内容でまとめてみました。

東京ホテイソンショーゴの高校大学や出身は?

東京ホテイソンショーゴは筋トレで太った?

この記事を読むことで、東京ホテイソンのショーゴさんについて詳しく知ることが出来ますよ。

東京ホテイソンショーゴの高校大学や出身は?

名前:ショーゴ(シバタ ショウゴ)

生年月日:1994年2月1日(2020年12月現在26歳)

身長:170㎝

出身:東京都

高校:東京都立高島高等学校

趣味:フットサル、筋トレ

担当:ボケ、ネタ作り

所属:グレープカンパニー

出身は東京都で、高校は東京都立高島高等学校を卒業しています。

高校時代は意外にも「学生時代はあまりいい思い出はありません、クラスで日陰にいるようなタイプだったので」と語っており、目立たない生徒だったようです。

高校卒業後は、大学には進学していないようです。

高校を卒業し、東京NSCに1か月だけ通っていたようですが、先輩とのケンカが原因で中退したようです。

20期生にあたり、ぼる塾のあんりさんやきりやはるかさん、シークエンスはやともさん、3時のヒロインのかなでさんなどが同期だったようです。

そのころのショーゴさんはとても尖っていて、自分以外の人はみんな敵だと思っていたんだそうです。

ただ、入学金を出してもらった引け目から親には中退したことを言えず、相方のたけるさんとはNSCで出会ったことにしていたようです。

実際に相方のたけるさんと出会ったきっかけは、SNSのお笑い芸人の相方募集の掲示板だったようです。

SNSでコンビを探すのことに驚きましたが、今どきの出会いなのかもしれないですね。

ショーゴさんがたけるさんをコンビに選んだ理由には、掲示板に添えられた動画や見た目が決め手になったようです。

ショーゴさんは「俺の顔がちょっと怖い感じなので、華のある感じの奴を置いた方がいい」と思ったんだそうです。

そして、2015年、お笑いコンビ・東京ホテイソンを結成し、お互いを知るために、同居していた時期もあったようです。

東京ホテイソンは、2017年から3年連続で『M-1グランプリ』で準決勝進出を果たしています。

2017年からはテレビ出演も増え、知名度も上がってきているようです。

2020年、ついに『M-1グランプリ』で初の決勝進出を果たしました。

決勝のネタが楽しみですね。




東京ホテイソンショーゴは筋トレで太った?

東京ホテイソンのショーゴさんは筋トレで太ったと言われているようです。

ショーゴさんは以前はかなりやせ型でした。

170㎝の身長で、48㎏まで体重を落としたこともあるようです。

なんでも「お笑い芸人はガリガリの方が天才的でセンスがあるように見える」と思っていたんだとか。

ところが芸人として自分が天才ではないことに気づき、何かを手に入れなければと思ったところ、筋肉に行き着いたようです。

体を鍛えている芸人さんは多いので、頑張ってほしいです。

それからストイックに筋トレを始め、現在の筋肉が出来上がったようです。

この変わりようは、驚きです。

とって太ったのではなく、体を鍛えて筋肉が付いたことで、大きく見えることから太ったと言われているようですね。

なんと筋トレ後の体重は、83㎏なんだそうです。

48㎏だったころからは、35㎏も増加してるようです。

痩せていた頃は、窪田正孝さんにのイケメンと話題になっていたようですが、鍛えてからは、違った種類のイケメンとして女子からの人気は変わらないようです。

筋トレで太ったのではなく、鍛えられて筋肉が大きくなったといったとこでしょうか。

マッチョということですね!

まとめ

今回は、『M-1グランプリ2020』の決勝に出場するお笑いコンビ・東京ホテイソンのショーゴさんについてまとめてみました。

高校は東京都立高島高等学校で、大学には進学していませんでした。

NSC20期で入学しましたが、ケンカが原因で中退してしまいました。

相方のたけるさんとは、SNSのお笑い芸人の相方募集の掲示板で出会い、2015年にコンビを結成しました。

2017年から3年連続で『M-1グランプリ』で準決勝進出を果たすなど実力が安定しており、2020年の今年、ついに決勝進出を果たしています。

12月20日(日)の『M-1グランプリ2020』を楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。