芸人(お笑い、ものまね、落語家)

二千翔(にちか)とさんまの関係がヤバい!名前の意味と学歴や仕事は?

こんにちは、るほりです。

12月13日(日)19時から「誰も知らない明石家さんま第6弾」が日本テレビ系で放送予定です。

2015年放送の第一弾よりあらゆる手法で明石家さんまさんの知られざる一面を掘り起こしてきた特番の第6弾です。

番組側は元妻で女優・大竹しのぶさんが前の旦那さんとの間にもうけた連れ子の長男・二千翔さんにインタビューを敢行したようです。

そこで今回は以下の内容で、まとめてみました。

二千翔(にちか)とさんまの関係がヤバい!

二千翔(にちか)の意味と経歴と仕事は?

この記事を読むことで、二千翔(にちか)さんとさんまさんとの関係二千翔(にちか)さんの名前の意味や経歴や仕事について詳しく知ることが出来ますよ。

二千翔(にちか)とさんまの関係がヤバい!

二千翔(にちか)さんは、明石家さんまさんが大竹しのぶさんと結婚した時の大竹しのぶさんの連れ子です。

二千翔(にちか)さんとさんまさんの関係がヤバいようです。

それは、本当の親子のような、それ以上のような素敵な関係なんです。

さんまさんは大竹しのぶさんと結婚して二千翔(にちか)さんの父親になった際、二千翔(にちか)さんを気遣って“お父さん“や“パパ“ではなく、“ボス“と呼んでくれればそれでいいと告げたことは有名な話です。

ボスって面白いですね!

ところがある日、二千翔(にちか)さんが友達との会話の中で何げなくさんまさんのことを『ウチのお父さん』と表現し、これを聞いたさんまさんは、深く感動したんだそうです。

やっぱり、“お父さん“と呼ばれたいですよね!

さらに、12月13日(日)放送の特番でのインタビューで二千翔(にちか)さんは『お父さんはかっこいい』と言っているようです。

しかもそれに対してさんまさんは、「二千翔(にちか)がインタビュー受けてくれて、『お父さんはカッコいい』って言ってくれて。すごい永久保存版のV(映像)になって」大喜びしているそうです。

そんな話を聞いたら、二千翔(にちか)さんも嬉しいでしょうね。

また、インタビューをもとに、これまでテレビでは描かれることのなかった“父親・明石家さんま“がドラマ化されるようです。

明石家さんまさんと息子・二千翔(にちか)さん、娘・INALU(いまる)さんの親子の絆の物語・特別ドラマ「笑顔に会いに行く道」です。

脚本を又吉直樹さんが担当し、さんまさん役に安田顕さん、二千翔(にちか)さん役はSexyZoneの佐藤勝利さん、IMALU(いまる)さん役は葵わかなさんです。

それでは、二千翔(にちか)さんの生い立ちをみていきたいと思います。

二千翔(にちか)さんのお父さんは、TBSの売れっ子プロデューサーであった服部晴治さんで、二千翔(にちか)さんが2歳の時に癌で亡くなられたようです。

二千翔(にちか)さんが3歳の時に大竹しのぶさんはさんまさんと再婚しました。

その後、IMALU(いまる)さんが誕生しました。

そして、二千翔(にちか)さんが7歳の時に、2人は離婚しました。

一方のさんまさんの生い立ちをみていきたいと思います。

さんまさんは3歳の時に実母を亡くされ、その後小学校高学年の時にお父さんが再婚をしたそうです。

さんまさんは、新しいお母さんに好きになってもらおうと、笑わせようと努力したんだそうです。

でも、新しいお母さんにも連れ子がいて、「うちの子はこの子だけや」と義理の弟だけを特別扱いされるという悲しい過去があったようです。

そんな思いをさせたくないというのもあって、二千翔(にちか)さんには大きな愛情を注いできたのではないでしょうか。

結婚後、娘のIMALUさんが誕生しましたが、家に帰れば、まず最初に二千翔(にちか)さんの頭をなでたり、スキンシップをとっていたそうです。

そして二千翔(にちか)さんは、酷い喘息持ちで、入院をするほどだったようですが、家族の反対を押し切ってさんまさんが気功で治したというエピソードがありました。

喘息で苦しむ二千翔(にちか)さんの横に一晩中寝ずに付き添い、ずっと手を二千翔(にちか)さんの胸に当て続けたんだそうです。

そして、なんと喘息が治ったんだそうです。

気功が効いたのかはわかりませんが、さんまさんの愛情が喘息を治したことは間違いない、素敵なエピソードですよね!

喘息は本当に苦しいので、さんまさんは二千翔(にちか)さんの命の恩人のような感じですね!

そんなこともあったためか、大竹しのぶさんとさんまさんが離婚する時に二千翔(にちか)さんは「ボスの方へ行く」と言っていたそうなんです。

最終的には、IMALUさんも二千翔(にちか)さんも大竹しのぶさんが親権を持ったようですが、「ボスの方へ行く」と言われたことは嬉しかったのではないでしょうか。

二千翔(にちか)さんとさんまさんが一緒に過ごしたのは4年でした。

離婚はしたものの、関係は良好で、家族のイベントは必ず4人で過ごすそうです。

離婚しても、親子関係は強い絆で結ばれているんでしょうね。

この機会に、二千翔(にちか)さんのテレビ出演が増えてほしいです。




二千翔(にちか)の意味と経歴と仕事は?

二千翔(にちか)さんの名前の意味を調べてみました。

「二十一世紀にはばたいて欲しい」という意味が込められているようです。

誰が命名したのかは不明でしたが、スケールが大きい素敵な名前ですね!

ちなみに、二千翔(にちか)さんがいたことが、IMALU(いまる)さんの名前の由来にもなったようです。

IMALU(いまる)さんの名前の由来は有名なようで、さんまさんの座右の銘である「生きてるだけで丸儲け」からきているようです。

大竹しのぶさんが言うには、「今を生きる」という意味が込められているようです。

そして、二千翔(にちか)さんがいたことで、IMALU(いまる)になったという由来は、

1-IMALU(いまる)

2-二千翔(にちか)

3-さんま

4-しのぶ

で、1.2.3.4と全員が揃っていようという願いも込められているようです。

どの由来も素敵ですね!

そして、二千翔(にちか)さんの経歴と仕事について紹介します。

慶應義塾大学を卒業後、アメリカで働いていましたが、1年半後に飽きて帰国しました。

どんな仕事をしていたかは、わかりませんでした。

帰国後は、大竹しのぶさんとIMALU(いまる)さんのマネージメントの仕事をしていたようです。

そして、現在は、芸能情報サイト、ジェミー株式会社に就職し、ホームページの運営や制作に携わっているようです。

「narrow」というWebサイトを運営しているようです。

narrowは、芸能人になりたい人のマッチングサイトのようです。

Web上で履歴書を作ってオーディションを受けたり、プロダクションに応募することが出来るようです。

それでは、二千翔(にちか)さんのプロフィールをみていきたいと思います。

二千翔(にちか)さんは、1985年生まれの35歳です。

趣味は読書とカラオケで、人と話すのが好きなんだそうです。

お母さんである大竹しのぶさんいわく、二千翔(にちか)さんは全くと言っていいほど怒らないとても穏やかな性格なんだそうです。

さんまさんや大竹しのぶさんの愛情など、とてもいい環境で育ったんでしょうね。

まとめ

今回は、さんまさんが大竹しのぶさんと結婚した時の大竹しのぶさんの連れ子だった二千翔(にちか)さんについてまとめてみました。

二千翔(にちか)さんとさんまさんの関係がヤバイことがわかりました。

二千翔(にちか)さんと血の繋がりのないさんまさんですが、家に帰ったら自分と血の繋がった娘よりも先にスキンシップをとったり、喘息を治そうと一晩中かけて付き添きあうなど、とてもかわいがり、愛情をかけて育てました。

結婚生活は4年でしたが、離婚後も交流は続き、家族のイベントには必ず4人で過ごしいて、絆の強い家族でした。

二千翔(にちか)さんの名前には「二十一世紀にはばたいて欲しい」という意味が込められていました。

二千翔(にちか)さんは、秀才で慶應義塾を卒業している高学歴です。

アメリカでの仕事に就きましたが1年半後に帰国し、大竹しのぶさんとIMALU(いまる)さんのマネージメントを経て、現在は芸能情報サイト、ジェミー株式会社に就職し、ホームページの運営や制作に携わっているようです。

12月13日(日)19時から日本テレビ系で放送される「誰も知らない明石家さんま第6弾」では、二千翔(にちか)さんのインタビューも放送されるようです。

二千翔(にちか)さんのインタビューも楽しみですが、特別ドラマも楽しみにしたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。