芸人(お笑い、ものまね、落語家)

IPPONグランプリ2020勝者を予想!過去の名場面は?

こんにちは、るほりです。

12月5日(土)夜9時からフジテレビ系で2009年から不定期放送されている大喜利バラエティ番組の『IPPONグランプリ』の第24回大会が放送されます。

2009年の第1回大会を除き、史上初の「初出場なし」で、注目が集まっています。

経験者ばかりの激戦で、面白い戦いになるのは、間違いないのではないでしょうか。

今回は以下の内容についてまとめてみました。

IPPONグランプリ2020の勝者を予想!

IPPONグランプリの過去の名場面は?

IPPONグランプリ2020の勝者を予想!

IPPONグランプリは2009年に深夜枠でスタートしました。

第5回大会(2011年6月)から「土曜プレミアム」枠に昇格し。年2回が定着しました。

「お台場笑おう会」から招待された10人の芸人がA・Bブロック5人ずつに分かれ、さまざまなお題に回答します。

Aブロックの審査はBブロックの芸人が行い、逆も同じように行います。

採点ボタンは1人2個で、5人全員が2個のボタンを押し、合計10点満点になると「IPPON」となります。

各ブロックにつきお題は4問出され、1問につき7分の間でどれだけ「IPPON」を獲得するかを競います。

回答は原則フリップボードに書いて提示します。

両ブロックの一本最多獲得者が決勝で激突します。

審査は残る芸人8人、16点満点で、「大喜利王」を決めます。

今回の出場者を紹介します。

《Aブロック》

☆くっきー!(野生爆弾):4大会ぶり5回目、優勝なし

☆駒場孝(ミルクボーイ):2大会連続2回目、優勝なし

☆西田幸治(笑い飯):21大会ぶり2回目、優勝なし

☆バカリズム:22大会連続23回目、優勝5回(最多優勝)、準優勝4回

☆若林正恭(オードリー):4大会ぶり9回目、優勝1回、準優勝2回

《Bブロック》

☆稲田直樹(アインシュタイン):2大会連続2回目、優勝なし

☆千原ジュニア(千原兄弟):5大会連続20回目、優勝2回、準優勝2回

☆博多大吉(博多華丸・大吉):2大会ぶり9回目、優勝1回、準優勝2回

☆堀内健(ネプチューン):2大会ぶり17回目、優勝4回、準優勝2回

☆山内健司(かまいたち):2大会ぶり3回目、優勝なし

 

前回の覇者で、5回の最多優勝回数を誇るバカリズムさん、4回の優勝経験がある堀内健さんの決勝は意外にも今までないようです。

筆者は、バカリズムさんと堀内健さんの決勝で堀内健さんが優勝するのではないかと予想します。

バカリズムさん、駒場孝さん、若林正恭さん、博多大吉さん、山内健司さんも優勝してほしいです。

12月5日(土)のIPPONグランプリは、レベルが高くて誰が優勝してもおかしくない大会になりそうですね。

面白い大会になるのは間違いないと思うので、楽しみにしたいと思います。

IPPONグランプリの過去の名場面は?

それでは、名場面をみていきたいと思います。

まずは、バカリズムさんです。

https://youtu.be/UkwvKuY91VM

そして、ネプチューンの堀内健さんです。

https://youtu.be/aSFbRinTUzE

次に、ミルクボーイの駒場孝さんです。

https://youtu.be/gg9w7R0oZfM

さすがM-1チャンピオン、おもしろいです!

次は、かまいたちの山内健司さんです。

https://youtu.be/AxMbHtzC6bk

動画をみると皆さん面白くて、うまいですね!

まとめ

今回は、12月5日(土)放送の『IPPONグランプリ』についてお伝えしました。

優勝は、ネプチューンの堀内健さんだと予想します。

動画をみてみるとミルクボーイの駒場孝さんもあるかもしれないと思いました。

2009年の第1回大会を除き、史上初の「初出場なし」の大会なので、レベルが高そうです。

『IPPONグランプリ』をみて、大笑いしたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。