芸人(お笑い、ものまね、落語家)

吉住(芸人)は甲状腺の病気?経歴と彼氏について調査してみた!

『女芸人No.1決定戦THE W』で優勝した吉住(よしずみ)さんは、テレビに引っ張りだこですよね。

『女芸人No.1決定戦THE W』での「審判」「銀行強盗」のネタは面白かったです。

吉住さんを検索すると「甲状腺」というサジェストがあったので、経歴や彼氏についてと合わせて、まとめてみました。

吉住(芸人)は甲状腺の病気?

吉住(芸人)の経歴は?

吉住(芸人)の彼氏についても!

吉住(芸人)は甲状腺の病気?

女ピン芸人の吉住さんは、甲状腺の病気ではないかと2018年からネットで心配されているようですが、本人のコメントはありません。

テレビ出演の際に、甲状腺が腫れているのではないか=甲状腺の病気ではないと憶測が飛び交ったようです。

甲状腺の代表的な病気に「バセドウ病」があげられますが、甲状腺のホルモンが過剰に分泌されることによって、疲れやすくなったり、眼球が飛び出してくるといった症状があります。

どうなんでしょうか。

吉住さんは「首から下が悪い」と公表しているので、何かしら体の不調はあるようです。

仲間に支えられながら乗り越えることができたとも話しているため、仲間の存在は大きいですね!

支えてくれる仲間がいるのは、幸せですね!

THE Wで優勝した吉住さんは多忙になっているので、体に気を付けながら、頑張ってほしいです。




吉住(芸人)の経歴は?

名前:吉住(よしずみ)

本名:吉住 暢子(よしずみ のぶこ)

生年月日:1989年11月12日(2021年1月現在31歳)

出身:福岡県北九州市

高校:福岡県立東筑高等学校

大学:熊本県立大学環境共生学部卒業

職業:お笑い芸人

所属:プロダクション人力舎

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉住(@yoshizumiiii)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉住(@yoshizumiiii)がシェアした投稿

吉住さんが芸人になろうと思ったきっかけは、「なんとなくの思い付き」だったようです。

お笑いの養成学校は、東京03、おぎやはぎ、ラバーガールなど、元々好きな芸人が多く所属するプロダクション人力舎に行こうと考え、2014年に人力舎が開校しているスクールJCA(23期)に入学しました。

JCA卒業後、2015年5月1日に同期とお笑いコンビ「ムテンカナンバー」を結成し、漫才やコントを中心に活動していました。

しかし、2016年にコンビを解散し、芸名を本名から「吉住」とし、ピン芸人に転向しました。

ネタは、主に一人コントです。

2018年:『女芸人No.1決定戦THE W』決勝進出

2020年:第7回NHK新人お笑い大賞にて本選に進出

2020年:『女芸人No.1決定戦THE W』決勝進出

2度目の決勝進出で、見事優勝に輝きました。

コントが面白いのはもちろんですが、演技が上手くて驚きました。

バラエティ番組だけでなく、女優としても活躍しそうですね!

主演女優の友達みたいな役柄で、ドラマに出ている吉住さんをみてみたいです。

吉住(芸人)の彼氏についても!

吉住さんは、ネットでかわいいと言われているようですが、彼氏はいないようです。

なんと、これまで彼氏がいたことがないんだとか。

過去には複数の芸人さんに告白されているようですが「売れてない」ことを理由に、全員断っています。

吉住さんのタイプは、売れてない芸人は相手にしない、でも「万全の状態じゃない人」なんだそうです。

ただ吉住さんを検索すると「たっちゃん」という名前が出てきます。

どんな関係なんだろうと思いましたが、ネタにたびたび出てくるダンボールで作った人形のことでした。

吉住さんはダンボールを「たっちゃん」と呼び妄想しているコントをしています。

妄想しているところをお父さんにみられるという設定も斬新すぎて、笑ってしまいますよね。

吉住さんのネタは、この後なんて言うんだろう予想しますが、いい意味で予想が大きく裏切られるので面白いです。

動きも女子っぽい動きを大げさにしている感じで、笑ってしまいます。

これからも、予想できない色んなネタをみてみたいです。

まとめ

今回は『女芸人No.1決定戦THE W』で優勝した吉住さんについてまとめました。

吉住(芸人)は甲状腺の病気なのかネットで心配されているようでしたが、本人のコメントはなく、わかりませんでした。

吉住さんは福岡県東筑高等学校、熊本県立大学、スクールJCAを経て、2015年より芸人として活動しています。

彼氏が今までいたことがないという吉住さんなので、今後どんな方と噂になるか楽しみです。

吉住さんのコントが好きなので、これからも楽しみにしたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。