女優

真木よう子は活舌悪くて演技下手すぎ?過去の演技を振り返ってみた!

こんにちは、るほりです。

2021年1月期のドラマが続々と始まっています。

おもしろそうなドラマが多く、どのドラマを見るか迷ってしまいます。

まずは、1話を見て、決めようと思っています。

1月12日(火)夜9時より、藤原竜也さん主演『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(関西テレビ系)が始まりました。

1話は、トレンドにも入り、面白かったと話題です。

筆者も面白かったと思います。

面白かったというコメントがある一方で、真木よう子さんもトレンド入りしていました。

『活舌が悪い』『演技下手すぎ』『棒読みなど」演技を批判するコメントが多くみられました。

上手いというコメントもあるので、どちらなんでしょうか。

そこで今回は真木よう子さんについて、以下の内容でまとめてみました。

真木よう子は活舌悪くて演技下手すぎ?

真木よう子の過去の演技を振り返ってみた!

真木よう子は活舌悪くて演技下手すぎ?

1月12日に開始した『青のSP(スクールポリス)』は、藤原竜也さんが主演です。

学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」制度が試験的に導入されることとなった赤嶺中学校に自ら志願して配属されるのが、主人公の藤原竜也さん演じる嶋田隆平です。

表向きは何の変哲もない公立校の赤嶺中学校には、SNS、薬物、盗撮、マタハラ、セクハラなど様々な問題があり、嶋田隆平によってあぶりだされていきます。

真木よう子さんは、赤嶺中学の3年1組の担任で、国語の教師の浅村涼子を演じています。

浅村涼子は、容赦なく生徒を逮捕する嶋田隆平と衝突する役柄です。

その真木よう子さんが演じている浅村涼子の役に『演技が下手』『棒読み』『活舌が悪い』と、いうコメントがありました。

特に『活舌が気になる』という人が多かったようです。

筆者は、真木よう子さんの活舌は、あまり気になりませんでした。

多くのコメントをみて、そうなんだーと驚きでした。

活舌については、前から思ってた人も多かったようです。

本当に演技が下手な人もいると思いますが、好みの問題もあるのかなと思います。

筆者は、真木よう子さんの演技は、まあまあ好きです。

でも、真木よう子さんは、やっぱりさばさばした性格のアクションなんかがある役があってる気がします。

でも、アクションは若くないとダメなのかもしれないですね!

ドラマの内容は1話をみて面白かったので、続けてみていきたいと思います。

真木よう子の過去の出演ドラマの演技を振り返ってみた!

真木よう子さんの過去の出演作品をみていきたいと思います。

筆者は真木よう子さんの事を、かっこいい女性という印象があります。

岡田准一さん主演の『SP警視庁警備部警護課第四係』(2007年11月から2008年2月まで)の役の印象が強いです。

2010年、2011年には映画化される人気シリーズでした。

約10年前なので、若い方はご存じない方が多いかもしれないですね。

真木よう子さんは『SP警視庁警備部警護課第四係』ではヒロインで、容姿端麗でクールな情熱家、男勝りの性格と度胸を持ち、口が悪いという役柄でした。

アクションもあり、かっこよかったです。

『SP警視庁警備部警護課第四係』で真木よう子さんの事を好きになったというコメントも多く、私もその一人です。

活舌は今とあまり変わらないようです。

セリフの内容や長さなども関係あるのかもしれないですね。

真木よう子さんの活舌、演技も含め、『青のSP』をみていきたいと思います。

まとめ

藤原竜也さん主演の連続ドラマ『青のSP(スクールポリス)』が始まりました。

1月12日(火)の夜9時より、1話がありました。

真木よう子さんがトレンド入りしており、『活舌』が気になったというコメントが多数ありました。

活舌がいいか悪いかでいえば悪いのかもしれませんが、演技は下手ではないと思いました。

ドラマの内容は面白く、次の回も楽しみだと思いました。

真木よう子さんにも注目しながら、ドラマを楽しみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。