女優

岸井ゆきのの旦那や子供や両親は?出身や経歴や出演作品も!

女優の岸井ゆきのさん。

最近は、映画にドラマに引っ張りだこです。

そこで、岸井ゆきのさんについまとめました。

この記事でわかることは、こちらです。

岸井ゆきのの旦那や子供や両親は?

岸井ゆきのの出身や経歴や出演作品も!

岸井ゆきのの旦那や子供や両親は?

名前:岸井 ゆきの(きしい ゆきの)

生年月日:1992年2月11日(2021年3月現在29歳)

出身:神奈川

職業:女優

所属:ユマニテ

岸井ゆきのさんを検索すると「旦那」というキーワードがでてきます。

29歳なので、結婚していてもおかしくない年齢ですが、どうなんでしょうか。

結論から言うと結婚しておらず、旦那さんも子供さんもいないようです。

これまで、熱愛報道もないようです。

ファンの方は安心したのではないでしょうか。

とてもかわいくて魅力的な方なので、共演者の方と結婚する可能性もありそうですね。

ちなみに、岸井ゆきのさんの好きな男性のタイプは、

体調管理ができて、健康な人!

自分がかなりのインドアなので、同じインドアか外に連れ出してくれる人!

言葉遣いが素敵で、予想もしない言葉づかいをする人!

なんだそうです。

「言葉遣いが素敵で、予想もつかない言葉遣いをする人」が好きなタイプなんて、何か具体的なので、過去にこういう素敵な人とお付き合いしたことがあるか、好きな人がこういうタイプの人だったのかもしれないですね。

家族構成ですが、父、母、兄の4人家族のようです。

父親は古谷隆太なのではないかと噂があったようですが、かつて舞台で親子役を演じたことが噂となった理由で、事実ではないようです。

本当の家族は一般の方である可能性が高く、両親やお兄さんの情報を得ることはできませんでした。

バラエティ番組の出演がさらに増えたときには、エピソードとして家族の話が聞けるかもしれないですね。

その時を楽しみにしたいと思います。




岸井ゆきのの出身や経歴や出演作品も!

岸井ゆきのさんは上記したように神奈川県です。

小学校1年生から中学3年生まで器械体操をしていて、体操選手を目指していた時期があったようです。

秦野市立南が丘中学校の出身で、地元の大会で優勝するほどの実力だったようです。

そして、出身高校は秦野総合高校と言われているようです。

高校時代は衣食住のどれかに関わる仕事がしたいと考え、調理学校やバリスタなどの体験入学をしていたようです。

そんな高校3年生のある日、岸井さんに運命の出会いがありました。

山手線に乗車していた時、女性カメラマンから「被写体になってください」と声を掛けられたそうです。

それがきっかけとなりそのカメラマンが勧めてくれた芸能事務所に所属したようです。

「被写体になってください」と声を掛けられるなんて、岸井さんは輝いてたんでしょうね!

さらに進めてくれた芸能事務所に所属できるなんて、そのカメラマンさんは凄腕の方なのかもしれないですね。

そして、高校3年生の10月には、テレビドラマ『小公女セーラ』で女優デビューを果たしました。

高校卒業後は、芸能活動に専念しています。

数多くの舞台のオーディションに応募しており、この頃に役者になることを決めたことをインタビューで語ってます。

デビュー後は、テレビドラマや映画、舞台と幅広く活躍しています。

《主な作品・テレビドラマ》

『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズ(2016年)

大河ドラマ『真田丸』(2016年)

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-(2018年)

NHKテレビ小説『まんぷく』(2018年)

ルパンの娘(2019年)

浦安鉄筋家族(2020年)

《主な出演・映画》

ランウェイ☆ビート(2011年)

光と禿(2016年)

闇金ウシジマくんPart3(2016年)

おじいちゃんが死んだって。(2017年)

愛がなんだ(2019年)

イチゴの唄(2019年)

《受賞歴》

MOOSIC LAB 2016 最優秀女優賞:『光と禿』

第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞:『おじいちゃん、死んじゃったって。』

第43回日本アカデミー賞新人俳優賞:『愛がなんだ』

受賞歴もあり、演技力が高いことがわかりますよね。

なんと2014年2月から放送開始となった東京ガスの主演CMがわずか1ヶ月も経たない内に打ちきりとなった過去があるそうです。

CMの内容は就職活動中の女子学生の厳しい現実を描いた「家族の絆・母からのエール」編でした。

就職活動に励む女子学生を岸井ゆきのさんが演じました。

なかなか内定を貰えず、やっと最終面接まで進めた会社からの帰り道に、手応えを感じたと母親にメールし、ケーキを買って帰宅するも、玄関前で不採用のメールが届き、家の近所のブランコに乗っていると母親が探しに来てくれます。

母親の前で大泣きするものの、母親の温かい手料理で再び就活に立ち向かっていくという内容でした。

このCMに「リアルすぎて心が痛む」同じ境遇の母親などから批判が殺到して打ちきりとなったそうです。

打ち切りの理由がすごいですね!

演技がうまくてリアルすぎて批判が来たということですよね。

打ち切りは残念ですが、演技を評価されたということなんでしょうね。

「私たちはどうかしている」「天国と地獄~サイコな2人~」などの人気ドラマにも出演し、演技派女優の地位を確立しているのではないでしょうか。

関連記事:岸井ゆきのはCM「東京海上日動」に出演!その他の出演CMは?

まとめ

女優の岸井ゆきのさんについて紹介していきました。

結婚しておらず、旦那さんも子供さんもいませんでした。

出身は神奈川県で、山手線に乗車していた時にカメラマンに「被写体になってください」と声を掛けられたことがきっかけで、芸能事務所に所属し、女優としての才能を開花することになりました。

人の出会いは不思議で、すごいと思いました。

岸井ゆきのさんは、テレビドラマ、映画、CMなど多くの作品に出演しています。

これからの活躍も楽しみですね!