俳優

細田佳央太と萩原利久は似てる?出身高校や大学や経歴は?

『ドラゴン桜』の東大専科生徒役に出演することが決まっている細田佳央太(ほそだかなた)さん。

とある問題を抱え周囲から孤立している、昆虫が大好きな心優しき生徒、原健太役です。

細田佳央太さんは、2019年に公開された映画「町田くんの世界」で、1000人以上の中からオーディションで選ばれ主演を勝ち取った実力は俳優です。

そこで細田佳央太さんについて、まとめてみました。

この記事でわかることは、こちらです。

細田佳央太と萩原利久は似てる?

細田佳央太の出身高校や大学や経歴は?

細田佳央太と萩原利久は似てる?

細田佳央太さんを検索すると「萩原利久」と出てきます。

萩原利久さんと似てると言われているようです。

さっそく画像で比べていきたいと思います。

まずは、細田佳央太さんからです。

次に萩原利久さんです。

確かに、細田佳央太さんと萩原利久さんは、かなり似てますね!

ちょっと見分けが難しいかもしれないと思いました。

もしかしたら、今まで同じ人として見ていた可能性もあると思いました。

萩原利久さんは、2008年デビューの22歳で、細田佳央太さんと年齢も近い、トップコート所属の俳優です。

子役出身、バスケットボールが得意という共通点もありました。

櫻井翔さん主演のドラマ『先に生まれただけの僕』(2017年10月ー12月)では、共演していたようです

細田佳央太さん、萩原利久さん共に、注目していきたいと思います。




 

細田佳央太の出身高校や大学と経歴は?

名前:細田 佳央太(ほそだ かなた)

生年月日:2001年12月12日(2021年3月現在19歳)

出身:東京都

職業:俳優

所属:アミューズ

小学2年生の頃、テレビ出演に興味があることを知った細田佳央太さんのお母さんが、事務所に履歴書を送ったことがきっかけで、芸能界に入りました。

小学校時代はCMやジュニアモデルとしての活動が中心だったようです。

小学5年生の時にバスケットボールを始めています。

2014年、映画『もういちど 家族落語』で俳優デビューを果たしています。

中学生の時は、映画『探偵ミタライの事件簿』などの映画に出演していますが、学業優先だったようです。

ただ、部活のバスケットボールは続けていたようです。

高校は、目黒日本大学高校の芸能コース出身です。

多くの芸能人が卒業している学校で、芸能活動と両立するためにこの高校に進学したのではないでしょうか。

高校時代は、部活動は行わず帰宅部だったようですが、小学校から続けていたバスケットボールを仲間と一緒にしていたようです。

そして、高校3年生だった2019年、映画『町田くんの世界』で1000人以上の中からオーディションで主演の町田一役に選ばれ、映画初主演(関水渚とW主演)を果たしました。

高校卒業後は、日本大学の系列の学校だったことから、日本大学に進学しているのではないかと言われています。

インタビューでも「僕自身、大学で学びたいことがあり、そこはこのお仕事にも精通する部分があると思ったので、大学進学を決めました」と語っていることから、大学に進学していることは間違いなさそうです。

映画学科、演劇学科があることから芸術学部の可能性が高いのではないでしょうか。

2020年4月に入学しています。

大学進学後は2020年夏に公開予定だった映画『子供はわかってあげない』に主演(白石歌さんとW主演)に選ばれ、新型コロナウイルスの影響で、2021年夏の公開予定のようです。

また、菅田将暉さんと有村架純さんW主演の映画『花束みたいな恋をした』に出演しています。

テレビドラマでは、『家政夫のミタゾノ』第4シリーズや『さくらの親子丼』第3シリーズに出演しています。

『さくらの親子丼』第3シリーズを観ていましたが、とてもいい役で存在感がありました。

『ドラゴン桜』第2シリーズでは、注目度の高いドラマなので、知名度がアップすることは間違いないと思います。

まとめ

今回は、子役から活躍している注目の若手俳優である細田佳央太さんについて、まとめました。

萩原利久さんと似ていると言われており、画像を比べてみましたが、そっくりと言っていいほど似ていました。

高校は、目黒日本大学高校の出身で、大学も日本大学ではないかと言われています。

映画では主演を務めるなど、注目されています。

TBS系の日曜劇場『ドラゴン桜』第2シリーズにも出演が決まり、4月からのスタートです。

放送前から話題となっているドラマへの出演で、ますます注目されるのではないでしょうか。