アイドル

マリウス葉が大学病院へ緊急搬送!処方薬を過剰服した理由は?

こんにちは、るほりです。

ジャニーズ事務所が11月2日、アイドルグループ「SexyZone」のマリウス葉さん(20歳)が体調不良のため、一定期間芸能活動を休止させることを発表しました。

SexyZoneは、今年の8月から松島聡さんが一部の活動を再開し、1年9か月ぶりに5人がそろった姿に喜びの声があがったところでした。

今度はマリウス葉さんの活動休止で、心配する声が多く上がっています。

今回は以下の内容でまとめてみました。

マリウス葉が大学病院に緊急搬送!

マリウス葉が処方薬を過剰服用した理由は?

マリウス葉が大学病院に緊急搬送!

SexyZoneのマリウス葉さんは、11月23日、午前2時頃、都内の有名大学病院に緊急搬送されていたようです。

それは、マリウス葉さんが、処方されている薬剤を過剰に服用したことによって、気分が悪くなったためでした。

薬剤の服用後、意識が朦朧(もうろう)となり、事務所スタッフに助けを求める連絡をしていたそうです。

マリウス葉さんから連絡を受けて駆けつけたスタッフが、交差点でうずくまっていたマリウス葉さんを発見し、大学病院へ緊急搬送したようです。

マリウス葉さんは、メンバーにも連絡をし、菊池風磨さんも急いで病院に駆けつけたそうです。

菊池風磨さんは心配で心配で、スタッフと一緒に朝方まで病院を離れられなかったそうです。

メンバー想いの菊池風磨さんですね。

マリウス葉さんは緊急搬送により大事には至らなかったようで、安心しました。

緊急搬送後は、薬物を体外に出すために、点滴をして尿として出し、胃洗浄ではなく、自ら嘔吐を繰り返すことで出したそうです。

その後は、地方から駆け付けた両親が到着し、マリウス葉さんと一緒に自宅に帰ったそうです。

しばらく、実家でゆっくり休養するのかもしれないですね!

しっかり休んで、元気な姿で戻ってきてほしいです。




マリウス葉が処方薬を過剰服用した理由は?

マリウス葉さんが処方薬を過剰服用した理由をみていきたいと思います。

緊急搬送された夜は、体調がすぐれなかったため、処方された薬剤を過剰服用してしまったことで気分が悪くなったというものだったようです。

マリウス葉さんは、このところ心身に不安を抱えていたこともあり、通院を重ねていたようです。

ジャニーズ事務所は以下のように報告しています。

「マリウスは、これまで芸能活動と並んで学業にも意欲的に励んでおり、専攻分野に留まることのない興味・関心から学びを深めてまいりました。しかしながら、本人との話し合いや医師の診断結果などを踏まえますと、何事にも意欲的で完璧にしたいと真摯(しんし)に取り組むマリウスの姿勢が、かえって自身に対する過度のプレッシャーとなり、仕事と学業の両立を含む社会生活において心身のバランスを崩してしまう結果に繋がった面は否定できないと解されました」

自身の完璧を求める性格が、自身を苦しめてしまったようですね。

適当な性格の筆者には、羨ましいとも思える性格だと思いますが、仕事や学業、自分のしたいことなどがありすぎて、キャパオーバーしてしまったのかもしれないですね!

11歳でデビューし、突っ走ってきたマリウス葉さんのなので、しばらくご両親に甘えてゆっくり休養するのもいいかもしれないですね!

名前:マリウス 葉(まりうす よう)

本名:葉 マリウス ユリウス 成龍 シュミッヒ

生年月日:2000年3月30日(2020年11月現在20歳)

出身:ドイツ

大学:上智大学国際教養学部在学中

身長:183㎝

職業:歌手、俳優、タレント、アイドル

事務所:ジャニーズ事務所

まとめ

今回は、体調不良のため、一定期間芸能活動を休止することになったマリウス葉さんについてお伝えしました。

11月23日、マリウス葉さんは処方されている薬剤を過剰に服用したことで、気分が悪くなり、大学病院に緊急搬送されていました。

処方薬を過剰に摂取した理由は、体調がすぐれないことでした。

マリウス葉さんは、このところ心身に不安を抱えていたこともあり、通院を重ねていたようです。

マリウス葉さんの何事にも意欲的で完璧を目指したいと真摯に取り組む姿勢がかえって自身に対する過度のプレッシャーとなり、心身のバランスを崩してしまう結果につながったのは否定できないと、ジャニーズ事務所は芸能活動を休止となった経緯を説明しています。

ジャニーズ事務所は、「今は心身の健康を何よりも最優先にすべく一定期間、芸能活動を休止させて頂くことと致しました」とも説明しています。

マリウス葉さんは、頑張りすぎて心身が限界となってしまったのかもしれないですね。

しばらくは、ゆっくり休養し、心身の健康を取り戻してから、元気な姿で芸能界にに帰ってきてほしいと思います。

体調の回復を願いたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。