... ...
アイドル

『嵐にしやがれ』最終回のロケ地は静岡?4時間生放送SP!

こんにちは、るほりです。

今夜はいよいよ「嵐にしやがれ」の最終回です。

12月26日(土)19時から日本テレビ系で、4時間生放送SPです。

ついに最終回と思うと、寂しくて涙が出てきます。

事前収録された最後のロケはメンバー全員で「デイキャンプ温泉ツアー」に出かけ、「最後に5人でやりたいこと」を実現したようです。

そこで今回は以下の内容についてまとめてみました。

『嵐にしやがれ』最終回のロケ地は静岡?

『嵐にしやがれ』4時間生放送SP

『嵐にしやがれ』最終回のロケ地は静岡?

『嵐にしやがれ』は、2010年4月から放送され、およそ10年半の歴史に幕を下ろします。

最終回は、4時間生放送SPです。

事前収録された最後のロケはメンバー全員で「デイキャンプ温泉ツアー」に出掛けたようです。

https://youtu.be/BVV-JBaLEzM

そのロケ地が静岡ではないかと言われているようです。

今回予告で流れていた場所が「釣り」「温泉デイキャンプ」「競技場」でした。

まず「釣り」のロケ地は静岡県沼津市の駿河湾という情報がありました。

理由としては、今回は富士山を見ながら温泉やキャンプに行き、運動をしていること、静岡県の富士山の港周辺で撮影が行われたのではないかと考えられているようです。

そのことから、富士山が見やすくて釣りができるロケ地となれば静岡県沼津市の駿河湾の可能性が濃厚のようです。

駿河湾は堤防で釣りをすることもでき、周辺の船を借りて海釣りもできるようです。

船舶免許を持っている大野智さんが自身の船である「大野丸」を運転するようですよ!

5人でする釣りは、楽しそうですね!

次に「温泉デイキャンプ」のロケ地は、どこか見ていきたいと思います。

大野路ファミリーキャンプ場という情報がありました。

理由としては、大野路ファミリーキャンプ場はデイキャンプができる上に、富士山を見ながら温泉に入ることができるからのようです。

そして、あの予告動画に映っている大きな土地があるということで、大野路ファミリーキャンプ場ではぼ間違いないようです。

キャンプ場の名前に「大野」が入っていることに、なんだか切なくなりました。

大野路ファミリーキャンプ場は、食事や遊具やゴルフ場など、いろいろなことが楽しめる複合施設となっているようです。

なんと東京ドームの2個分以上の大きさがあるんだそうです。

このキャンプ場を貸し切っての5人旅だったのかもしれないですね!

料金もかなりお手頃のようなので、実際に行ってみるのもいいかもしれないですね!

利用期間は3月から12月となっているようです。

次に嵐のメンバーが予告で全力疾走をしていた「競技場」の場所はどこなのでしょうか。

静岡県にある裾野市(すその)運動公園ではないかという情報がありました。

理由は、富士山がきれいに見える公園として有名だからのようです。

そして、トラックは、かなりきれいに整備されているみたいです。

一般の人も入ることができるようなので、行ってみるのもいいかもしれないですね!

以上のように最終回のロケ地はわかっているようです。

ファンの方は嵐のメンバーを思いながら、ロケ地巡りをするのもいいかもしれないですね!

5人旅のロケでは、嵐のメンバーが皆で最後にやりたいことを実現するようです。

松本潤さん:番組内コーナー「MJ倶楽部」で作ったお気に入りの料理をふるまいます。

二宮和也さん:番組内で行ったあるゲームに再び挑戦するようです。

櫻井翔さん:レクレーションで、メンバー全員が全力疾走することになります。

大野智さん:夕食の食材を確保するため自身の船「大野丸」にメンバーを乗せて釣りにチャレンジするようです。

相葉雅紀さん:温泉宿でツーリング企画で夢中になった「しりとり卓球」対決をするようです。

最後は部屋飲みで、嵐の活動休止について、それぞれが率直な思いを明かしていくようです。

嵐のメンバーの話を聞きながら、泣いてしまいそうです。




『嵐にしやがれ』4時間生放送SP!

ラストデスマッチは明石家さんまさん、MJ生対決に米倉涼子さんと遠藤憲一さんが登場します。

東山紀之さんと黒柳徹子さんが出演する「隠れ家ARASHI」特別編も用意されているようです。

東山紀之さんは、嵐のメンバーとどうしてもやりたいことを実現するようです。

黒柳徹子さんは今、嵐のメンバーに聞きたいことに、迫ります。

また、日本テレビに眠るこの21年間の嵐のメンバーの秘蔵映像、そして嵐のメンバーから、歌の生ライブのプレゼントが披露される予定となっています。

永久保存版の放送になりそうですね!

最終回だと思うと悲しいですが、5人の嵐をしっかり目に焼き付けたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。