スポーツ(駅伝)

クイーンズ駅伝2020注目選手は?優勝チームを予想してみた!

Pocket

こんにちは、るほりです。

駅伝やマラソンが盛り上がる季節になりました。

コロナ禍で中止になった大会もありましたが、全日本大学女子駅伝や全日本大学駅伝が開催され、大きな盛り上がりを見せてくれました。

そして、女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝も開催が決定し、10月18日(日)に予選会であるプリンセス駅伝が開催されました。

前回大会上位8チームと、プリンセス駅伝の上位14チームがクイーンズ駅伝で駅伝日本一をかけて戦います。

11月22日(日)に戦いの火蓋が切られます。

そこで

クイーンズ駅伝2020注目選手は?

クイーンズ駅伝2020優勝チームを予想してみた!

についてお伝えしていきたいと思います。

この記事を読むことで、クイーンズ駅伝をより楽しむことができますよ。

クイーンズ駅伝2020注目選手は?

それでは注目選手を見ていきたいと思います。

《鍋島 莉奈・なべしま りな/26歳》

所属:JP日本郵政グループ

2016年のクイーンズ駅伝では5区を走り区間賞を獲得、JP日本郵政グループの大会初優勝の立役者となり、鍋島莉奈選手自身は大会最優秀選手に選ばれました。

2017年のクイーンズ駅伝では3区を走り、区間2位の走りでした。

2018年には5区を走り、堀優花さんと共に区間1位・区間新の走りでした。

2019年は故障により欠場でしたが、今年は出場するようなので、昨年出場できなかった悔しさを晴らしてほしいです。

JP日本郵政グループは連覇がかかっているので、面白くなりそうですね!

鍋島莉奈は疲労骨折から復活!オリンピック出場の可能性は?こんにちは、るほりです。 11月22日(日)にクイーンズ駅伝が開催されます。 JP日本郵政グループの2連覇となるか、他のチー...

 

この投稿をInstagramで見る

 

最長区間3区には、各チームのエースで日本代表経験者が集結。 2年後の東京オリンピック代表候補が大勢走るプレ「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」と言っても過言でない。 . パナソニックの渡邊菜々美が4キロ手前から独走態勢を築き、後続との差を57秒まで広げた。 渡邊は区間記録にあと1秒と迫る34分31秒で区間賞を獲得した。 . 2018.11.25.sun #QueensEkiden2018 #クイーンズ駅伝in宮城 #第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 6区間 42.195km  #宮城県 . #3区 10.9km 塩竈市水道部前~富士化学工業前 #3km地点 . #渡邊菜々美(パナソニック)区間1位 34:31 1位➡️1位 #前田穂南(天満屋)区間5位 35:15 4位↗️2位 #福士加代子(ワコール)区間5位 35:15 6位↗️3位 #松田瑞生(ダイハツ)5位↗️4位 #森林未来(デンソー)2位↘️5位 #林田美咲(豊田自動織機)3位↘️6位 #筒井咲帆(ヤマダ電機)区間3位 35:03 12位↗️7位 #高島由香(資生堂)区間3位 35:03 14位↗️8位 #松崎璃子(積水化学)7位↘️10位 #青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント)8位↘️11位 #西田美咲(エディオン)11位↘️12位 #山ノ内みなみ(京セラ)10位↘️15位 #上原美幸(第一生命グループ)9位↘️16位

Takayuki Otsuki(@zokkokai)がシェアした投稿 –

《渡邊 菜々美・わたなべ ななみ/21歳》

所属:パナソニック

2017年のクイーンズ駅伝では2区を走り、区間賞でパナソニック2位に貢献しました。

2018年のクイーンズ駅伝では3区を走り、2年連続で区間賞、チームも優勝しました。

2019年のクイーンズ駅伝では1区を走り、区間2位の走りで、パナソニックは3位でした。

今年の走りも期待できそうですね!

渡邊菜々美の中学高校と出身は?駅伝や陸上の成績を調査してみた!こんにちは、るほりです。 12月11日(日)にクイーンズ駅伝が開催されます。 注目選手の一人に、パナソニックの渡邊菜々美選手...

《三宅 紗蘭・みやけ さら/21歳》

所属:天満屋

2018年のクイーンズ駅伝では4区を走り、区間7位でした。

2019年のクイーンズ駅伝では5区を走り、区間賞を獲得しました。

今年の走りも楽しみですね!

三宅紗蘭の中学高校と出身は?駅伝や陸上の成績を調査してみた!こんにちは、るほりです。 12月11日(日)に、クイーンズ駅伝が開催されます。 今年はコロナ禍で中止となった大会もありました...

 

この投稿をInstagramで見る

 

© 京都新聞社3年連続で宮城の主将を務める#佐藤早也伽。全日本実業団駅伝でも力走した(2019年11月、宮城県多賀城市)  令和初となる皇后杯第38回全国都道府県対抗女子駅伝が12日、京都市内で開催される。47チームには今夏の東京五輪を見据える有力選手や期待の若手がエントリーした。チームの意気込みや特徴を紹介する。 ■北海道・東北  宮城は全日本実業団ハーフマラソンを制した佐藤早也伽(積水化学)が3年連続で主将を務める。全国高校駅伝で優勝した仙台育英高からは7人がエントリー。同駅伝では小海遥ら3人が区間賞を獲得しており、実力者ぞろいだ。全国中学駅伝に出場した木村優香(増田中)ら中学生も勢いがある。釜石慶太監督は「若い力を発揮して、序盤から10位前後をキープしたい」と意気込む。  福島は、故障で前回欠場した田辺美咲(三井住友海上)の復帰が心強い。田辺と同じくふるさと選手の小沢夏美(日立)がアンカーを担うことになりそうだ。全国高校駅伝に出場した学法石川高の5人にも期待がかかる。阿部縁監督は「全国大会の経験が豊富な選手がそろった。我慢強くつなげれば」と力を込める。  北海道は、菅野杏華(エディオン)ら実業団と大学生が計5人エントリー。1500メートルの北海道中学新記録を更新した上西彩未(新川中)ら中学生も力があり、バランスの取れた布陣となった。阿部文仁監督は「一般の選手で前半をつなぎ、勢いに乗ってほしい」。 秋田は、昨夏のユニバーシアード大会ハーフマラソンで優勝した鈴木優花(大東大)に注目。ルートインホテルズ所属の藤田正由加と萩野真紀がふるさと選手として出場する。児玉弘幸監督は「鈴木が1区で流れをつくり、どこまで粘れるか」と語る。  前回19位と7年ぶりに10位台に入った山形は、ともに社会人1年目の武田千捺(ダイハツ)と佐藤明日美(ワコール)がふるさと選手として出場する。高橋政則監督は「飛び抜けたエースはいないが、チームの総合力で戦う」と決意を示す。  岩手は全員が20歳以下の若いチーム。盛岡誠桜高出身の同級生である松山大の鈴木樺連、田川友貴が主要区間を担いそうだ。実業団選手はいないものの、大梶義幸監督は「大学生に力があり、チームを引っ張って欲しい」と期待する。  前回45位から巻き返しを図る青森は、全国高校駅伝5位の青森山田高勢が充実。アンカーは矢部綾乃(城西国際大)が務める予定。大島健治監督は「前半に速い選手を起用する。臆することなく挑みたい」と力を込める。

KAZZ(@kazz8915)がシェアした投稿 –

《佐藤 早也伽・さとう さやか/26歳》

所属:清水化学

2017年のクイーンズ駅伝では2区を走り、8位でした。

2018年のクイーンズ駅伝では1区を走り、6位でした。

2019年のクイーンズ駅伝では3区を走り、区間3位でした。

2020年クイーン駅伝の予選会であるプリンセス駅伝では1区を走り、区間賞で区間新の記録でした。

絶好調のようなので、クイーンズ駅伝も期待できそうですね!

佐藤早也伽の高校大学と出身は?初マラソンとプリンセス駅伝がヤバイ!こんにちは、るほりです。 11月22日(日)に、クイーンズ駅伝が開催されます。 中止になった大会がありましたが、クイーンズ駅...

 

この投稿をInstagramで見る

 

♪きらめき求め走りだすのさ 夜風に誘われ飛ばすぜ ハイウェイ♪ ・ 新谷仁美さん‼️ 阿武隈川に帰ってきた白鳥のようby増田明美さん解説 5年間、ただのOLしてたと ヾノ・ω・`)イヤイヤこのシボレタ身体!!絶対鍛えてたに違いない✨ ・ 準備とこだわり セカンドキャリアなどなくすべては積み重ねby原晋監督 ・ とりあえずワタクシのこだわりは感動したら走る٩(ˊᗜˋ*)و ・ #ジェームズディーンのように #ジョニー #東日本女子駅伝 東京優勝 もうちょい他のチームも映して欲しい #新谷仁美 有言実行 笑顔ステキ✨ #増田明美 解説大好き❤ #ボクらの時代 #原晋 #武井壮 #和田正人 いい話しだった(இдஇ; )

かおハメハ大王(@kaohameha)がシェアした投稿 –

《新谷 仁美・にいや ひとみ/32歳》

所属:積水化学

10月18日、プリンセス駅伝では、エースが集う3区を任され、1分15秒も区間記録を更新する走りを見せ、クイーンズ駅伝への12年連続22回目となる出場に貢献しました。

一度は陸上から引退した新谷仁美選手ですが、約8年ぶりの実業団駅伝とは思えない走りでした。

今年の1月にハーフマラソンで1時間6分38秒の日本記録を樹立し、さらに9月には5000メートルで日本歴代2位の記録を出しました。

すでに東京オリンピック(五輪)の参加標準記録は5000メートルと1万メートルの2種目で突破している新谷仁美選手のクイーンズ駅伝の走りと記録が楽しみです。

新谷仁美の所属先はどこ?引退からの復帰で練習方法がヤバイ!こんにちは、るほりです。 11月22日(日)にクイーンズ駅伝が開催されます。 予選会であるプリンセス駅伝も盛り上がり、本番の...

 

この投稿をInstagramで見る

 

女子陸上部メンバー紹介 名前:廣中 璃梨佳(ひろなか りりか) 生年月日:2000年11月24日 出身:長崎県 出身校:長崎商業高等学校 入社:2019年度 勤務先:日本郵便 ニックネーム:りりか 座右の銘:不撓不屈 好きな色:オレンジ プロフィールの詳細は、下記の陸上部公式サイトをご覧ください! https://www.japanpost.jp/athlete/profile/ 「日本郵政グループ女子陸上部」で検索 #廣中璃梨佳 #日本郵政 #日本郵政グループ女子陸上部 #日本郵便 #JAPANPOST #企業 #スポーツ #sport #アスリート #陸上 #女子陸上部 #陸部 #athletics #マラソン #駅伝 #longdistancerunning #長崎 #世界ってひとつのチームだ #runninggirl #‍♀️

日本郵政株式会社(@japanposthd_official)がシェアした投稿 –

《廣中 璃梨佳・ひろなか りりか/19歳》

所属:JP日本郵政グループ

2019年のクイーンズ駅伝では、1区を任され、見事1位、区間新記録でタスキをつなぎました。

全国女子駅伝では、5年連続の区間賞と1区・4区の区間記録を持っています。

2019年のクイーンズ駅伝では、1区を任され、見事1位、区間新記録でタスキをつなぎました。

筆者は長崎在住なので、長崎出身である廣中璃梨佳選手を応援したいと思います。

《堀 優花・ほり ゆうか/歳》

所属:パナソニック

2017年のクイーンズ駅伝では3区を走り、鍋島莉奈選手を抑え、区間賞でした。

2018年のクイーンズ駅伝では5区を走り、鍋島莉奈選手と同タイムの区間賞(区間新)でした。

2019年のクイーンズ駅伝では3区を走り、区間賞でした。

同じ3区は堀優花選手以外に、鈴木亜由子選手(JP日本郵政グループ)、前田穂南選手(天満屋)、佐藤早也伽選手(積水化学)、福士加代子選手(ワコール)という選手が走り、その中での区間賞だから凄すぎですよね!

今年のクイーンズ駅伝は4大会連続の区間賞となるのでしょうか。

どの選手と走るのか、区間賞がとれるのか注目したいと思います。

クイーンズ駅伝2020優勝チームを予想してみた!

昨年の優勝チームはJP日本郵政グループでした。

筆者は、JP日本郵政グループの2連覇を予想したいと思います。

出場チームは前回大会上位8チームのシードチームとプリンセス駅伝の上位14チームの22チームです。

《シード8チーム》

☆JP日本郵政グループ・・・6年連続6回目

☆ダイハツ・・・・・・・・13年連続30回目

☆パナソニック・・・・・・21年連続32回目

☆天満屋・・・・・・・・・29年連続29回目

☆ワコール・・・・・・・・21年連続28回目

☆三井住友海上・・・・・・2年連続26回目

☆デンソー・・・・・・・・17年連続28回目

☆豊田自動織機・・・・・・13年連続14回目

《プリンセス駅伝上位14チーム》

☆積水化学

☆ヤマダホールディングス

☆大塚製薬

☆九電工

☆資生堂

☆エディオン

☆日立

☆ルートインホテルズ

☆シスメックス

☆ユニバーサルエンターテインメント

☆肥後銀行

☆スターツ

☆鹿児島銀行

☆ホクレン

《2019年》

1位:JP日本郵政グループ・・・2時間15分10秒

2位:ダイハツ・・・・・・・・2時間15分15秒

3位:パナソニック・・・・・・2時間15分21秒

4位:天満屋・・・・・・・・・2時間15分38秒

5位:ワコール・・・・・・・・2時間16分7秒

《2018年》

1位:パナソニック・・・・・・2時間15分22秒

2位:天満屋・・・・・・・・・2時間16分19秒

3位:ダイハツ・・・・・・・・2時間16分32秒

4位:ヤマダ電機・・・・・・・2時間16分35秒

5位:ワコール・・・・・・・・2時間16分52秒

《2017年》

1位:ユニバーサル・・・・・・2時間16分45秒

2位:パナソニック・・・・・・2時間17分7秒

3位:ダイハツ・・・・・・・・2時間17分52秒

4位:JP日本郵政グループ・・・2時間17分54秒

5位:第一生命グループ・・・・2時間17分57秒

《2016年》

1位:JP日本郵政グループ・・・2時間15分8秒

2位:第一生命グループ・・・・2時間15分21秒

3位:ヤマダ電機・・・・・・・2時間16分08秒

4位:九電工・・・・・・・・・2時間16分38秒

5位:ワコール・・・・・・・・2時間16分44秒

 

やはり、鍋島莉奈選手の復帰大きく、鈴木亜由子選手、廣中璃梨佳選手を擁するJP日本郵政グループは、安定の走りを見せてくれるのではないでしょうか。

ダイハツも前回大会で5区の細田あい選手の区間2位の走り、6区の本ひかり選手の区間賞の走りがあったので、今年も絶好調の走りができたら、チャンスがあるのではないでしょうか。

また、パナソニックも渡邊菜々美選手や堀優花選手を擁しているので、チャンスはあるのではないでしょうか。

10月18日に開催されたプリンセス駅伝で優勝した積水化学も優勝候補の一つではないでしょうか。

佐藤早也伽さんは、プリンセス駅伝で1区を区間新の記録の走りを見せ、さらに新谷仁美選手は、エースが集う3区を任され、1分15秒も区間記録を更新する走りを見せています。

アンカー対決のドキドキの大会になるかもしれないですね!

まとめ

今回はクイーンズ駅伝の注目選手についてお伝えしました。

注目選手が多すぎて、面白い大会になるのではないでしょうか。

優勝はJP日本郵政グループの2連覇を予想しましたが、ダイハツやパナソニック、積水化学にもチャンスがあるのではないかと思いました。

手に汗握るドキドキの大会になりそうですね!

大会当日は、注目選手だけでなく、いろんな選手に注目して、テレビの前で応援したいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!