スポーツ(駅伝)

石原翔太郎の中学高校や身長体重は?全日本大学駅伝の走りは?

こんにちは、るほりです。

全日本大学駅伝では、1年生の活躍が目立ちました。

3000m障害日本歴代2位の記録を持つ順天堂大学の三浦龍司選手、5000mU20日本記録保持者で中央大学の吉居大和選手、青山学院大学の佐藤一世選手、東海大学の石原慎太郎選手など、多くの逸材が揃っています。

そんな1年生の活躍で、箱根駅伝も面白くなりそうですね。

そこで今回は全日本大学駅伝で5人抜きの快走を見せた、石原翔太郎選手について以下の内容でまとめてみました。

石原翔太郎(東海大)の中学高校や身長体重は?

石原翔太郎の全日本大学駅伝の走りは?

この記事を読むことで石原慎太郎選手につて詳しく知ることができますよ。

石原翔太郎(東海大)の中学高校や身長体重は?

名前:石原 翔太郎(いしはら しょうたろう)

生年月日:2002月1月4日(2020年12月現在18歳)

身長:174㎝

体重:60㎏

出身:兵庫県たつの市

中学:たつの市立龍野東中学校

高校:倉敷高等学校

大学:東海大学1年

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原 翔太郎(@syoutarou0104)がシェアした投稿

中学校はたつの市龍野東中学校、高校は倉敷高校の出身です。

身長は174㎝、体重は60㎏で陸上選手の平均くらいではないでしょうか。

石原翔太郎選手は、中学から陸上を始めたようです。

陸上の顧問の先生から誘われたようなので、才能があったんでしょうね。

中学時代は、岡山や兵庫の大会での入賞など、数多くの実績があるようですが、全国大会での実績はないようです。

中学卒業後は、駅伝の強豪校として有名な倉敷高等学校へ進学しました。

全国高等学校駅伝競技大会に全国で最多の41回連続出場中のようです。

すごいですね!

2016年に初優勝、石原翔太郎選手は2年生だった2018年の第69回大会で優勝メンバーでした。

2019年の70回大会は、準優勝メンバーでした。

高校生の時から、全国のトップ選手として活躍していたんですね!

そして、2019年の箱根駅伝で初優勝した東海大学をみて、東海大学への入学を決めたそうです。


NIKE AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT%ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% メンズ ランニング シューズBRIGHT MANGO/CITRON PULSE 20-10-0027#100


【レディース スニーカー】NIKE AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT% CI9925-400ナイキ エアズーム アルファフライ ネクスト% ヴェレリアンブルー/ブラック-ライムブラストVALERIAN BLUE/BLACK-LIME BLAST

石原慎太郎の全日本大学駅伝の走りは?

石原翔太郎選手は、全日本大学駅伝で華々しい大学駅伝デビューを飾りました。

4区を任され、11位でタスキを受け取ると5人抜きの快走をみせてくれました。

2016年リオ五輪3000m障害代表の塩尻和也選手が持つ区間記録を30秒以上も更新する区間新記録の素晴らしい走りでした。

一時は17位まで順位を落としたチームの勢いを取り戻し、東海大学は総合2位でした。

石原翔太郎選手は、「走り終わってびっくりしました。箱根の距離にも対応していきたい。」と話しています。

1年生は、1区で三浦龍司選手(順大)、4区で石原翔太郎選手(東海大)、5区の佐藤一世選手(青学大)が区間新記録を更新しました。

1年生の勢いはすごいです。

スーパールーキーとしてチームに勢いを与え、箱根駅伝でも手に汗握るおもしろい優勝争いがみれるかもしれないですね!

まとめ

今回は、全日本大学駅伝で、5人抜きの快走をみせ、華々しい大学駅伝デビューを飾った石原翔太郎選手についてまとめました。

兵庫県のたつの市立龍野東中学校、岡山県の倉敷高等学校を経て、現在東海大学の1年生です。

身長は174㎝、体重は60㎏でした。

全日本大学駅伝で区間記録を30秒以上も更新する衝撃のデビューを飾りました。

この勢いのままに、箱根駅伝でも旋風を巻き起こすのではないでしょうか。

東海大学の優勝争いを、テレビの前で楽しみに観戦したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。