ドラマ

増田貴久主演!レンタルなんもしない人のあらすじとキャストは?

Pocket

こんにちは、るほりです。

ドラマ『レンタルなんもしない人』の第一話の放送がありました。

NEWSの増田貴久さんが主演だったので、どんな話なんだろうと思ってドラマを見ました。

交通費と食事代などかかったお金を払うだけで、依頼を引き受ける話でした。

・何でそんな仕事をしているのか?

・その仕事を始めた理由は?

・他に収入源があるのか?

・奥さんがすごく稼いでるのか?

色んな疑問がわいて、調べてみようと思いました。

NEWSが歌ってる主題歌も増田貴久さんが歌いだしを歌歌が上手いのはもちろん、優しい声をしてるなと思いました。

『レンタルなんもしない人』のあらすじは?

この投稿をInstagramで見る

🧢ドラマ「レンタルなんもしない人」 📺テレビ東京系 ・ ドラマ史上初!?
“なんもしない”主人公が、出会う人の心を温めるー そんな不思議で新しいヒューマンドラマが誕生! ・ 【放送日時】 2020年4月8日スタート!  毎週水曜日 深夜0時12分~0時52分 ・ 「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。📣」 「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。📣」 “何かすること”が求められ続ける現代において、 そう堂々と宣言しながら誕生した、不思議なサービスがある。 ・ 2018年6月、📱Twitterに突如現れ、フォロワーは、 1年半で25万人に達する👏👏👏👏👏 「レンタルなんもしない人」。 ・ ・ ごく簡単なうけこたえ以外なんもしない、 「レンタルなんもしない人」という サービスを始めた森山将太。 ・ 「東京最後の一日に付き合ってほしい」という 依頼が舞い込む。 ・ 依頼者・亜希は、出版社の編集部員だったが、 契約を切られ、故郷の栃木に帰るのだという🧳。 ・ 東京で何の爪痕も残せなかった…と涙を流す😢。 ・ チームの一員だと思って働いていたが、 正社員ではない自分はただの便利屋だった。 ・ 一所懸命やったけれど、空いた席を見た同僚に 「ここ誰だっけ」と云われる始末🤷🏻‍♀️。 ・ ・ いっしょに東京タワー🗼へ上り、 引き払った部屋の近くの土手で、 東京での4年間の思い出を聞くだけ。 ・ ・ ひとりでいることを望み、 家族や友だちには言えない悩みを抱える私たち。 ・ ささやかな望みから人生の一大事まで、 関わることなく、そっとその場所にいるだけ。 ・ 経費は、交通費と食事代(経費)のみ、 自分のことを全く知らない人だからお願いできる 〈その場限りのギグワーク〉。 ・ ・ 第一話のゲストは、怒髪天・増子直純さん、志田未来さん。 ・ それだけではドラマにならないようなエピソードも 没個性のような象徴の「レンタルなんもしない人」が 横にいることでドラマになってしまう。 ・ 増田貴久さんの存在感があってこそのドラマだ。 ・ #うちで過ごそう #IStayHomeFor ・ 原作📺 『レンタルなんもしない人のなんもしなかった話』 /晶文社 ・ 原作協力📺 『〈レンタルなんもしない人〉という サービスをはじめます。』 /河出書房新社 ・ 監督📺 草野翔吾 ・ タナダユキ ・ 棚澤孝義 ・ 進藤丈広 ・ 脚本📺 政池洋佑 ・ 本田隆朗 ・ 竹川春菜 ・ 出演📺 増田貴久 ・  比嘉愛未 ・ 葉山奨之 ・ 松川星 ・ 古舘寛治 ・ 主題歌📺 NEWS「ビューティフル」 ・ 制作・著作📺 「レンタルなんもしない人」製作委員会 ・ #レンタルなんもしない人 #草野翔吾 #タナダユキ #棚澤孝義 #進藤丈広 #政池洋佑 #本田隆朗 #竹川春菜 #増田貴久  #比嘉愛未 #葉山奨之 #松川星 #古舘寛治 #NEWS #ドラマ好きな人と繋がりたい

TU_Sidekick(@tu_sidekick)がシェアした投稿 –

『レンタルなんもしない人』はTwitterで話題となり、炎上しました。

増田貴久さんは、テレビ東京連続ドラマ初主演で初主演で話題のドラマとなっています。

《あらすじ》

2018年6月、『レンタルなんもしない人』はTwitterを始め、拡散されて、あっという間に注目されました。

なんとフォロワーは1年半で25万人です。

「マラソンのゴール地点で待っていてほしい」「出社が怖いのでついてきてほしい」「話を聞いてほしい」「一緒にクリームソーダを飲んでほしい」「人数合わせに来てほしい」など、仕事依頼はさまざまです。

『レンタルなんもしない人』は、そんなサービスを始めた青年の実話「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」(晶文社刊)を原作にしたドラマです。

この投稿をInstagramで見る

‪レンタルなんもしない人のなんもしなかった話‬ ‪「ごく簡単な受け答え以外、できかねます」twitter発、驚きのサービスの日々。 本当になんもしてないのに、次々に起こるちょっと不思議でこころ温まるエピソードの数々。 行列に並ぶ、ただ話を聞く、絵画のモデルになる、一人カラオケに付き合う、掃除をしているのを見ている、ドラマに出演する、行けなかった舞台を代わりに見る、カレーを一緒に食べる、ヘッドスパを受ける、裁判の傍聴席に坐る、映画を見る、ボウリングに付き合う、ブランコをこぐのを見守る、ラーメンを食べる、深夜の徘徊に同行する、言われたとおりのコメントをDMで返す、離婚届に同行する、なんもしないホストになる……etc 「なんもしない」というサービスが生み出す「なにか」とは。 ‬ ‪#レンタルなんもしない人 #晶文社‬ #レンタルなんもしない人のなんもしなかった話 ‪ #book #書店 #読書 #正和堂書店 #大阪 #今福鶴見 #bookshop #鶴見区 #城東区

Seiwado.Book.Store.(@seiwado.book.store)がシェアした投稿 –

一話の1人目のゲストは、人気ロックバンド・怒髪天のボーカルで大河ドラマ『いだてん』などで活躍している増子直純さん(役:岡野)でした。

「一緒にクリームソーダを飲んでほしい」という依頼でした。

「家族と来たときや一人の時は頼みづらい」という理由での依頼でした。

増子さんがクリームソーダを飲んだ時の嬉しそうな顔は印象的でした。

確かに頼みたいけど、頼みにくいメニューなどあるかもしれませんね。

とくに大の大人で、しかもおじさんが「クリームソーダ」は恥ずかしいのかもしれないですね。

もう一人のゲストは志田未来さん(役:大宮亜希)でした。

雑誌編集者を夢見て上京しますが、会社との契約が終了となり、田舎に帰る決意をします。

「東京最期の日を一緒に過ごしてほしい」という依頼でした。

東京タワーに上って写真を撮ったり、亜希の思い出の場所である河川敷に一緒に行きます。

亜希が今までのことを思い出し、話しながら涙している横で、レンタルさんはいつの間にか眠ってしまいます。

亜希は多くを語らないレンタルさんの存在に救われます。

聞いてくれるだけでいい、認めてくれるだけでいい時ってありますよね!

人間関係が希薄になってきている世の中で、こういうサービスに依頼が来る理由がなんとなくわかります。

なんか深いサービスだなーと思いました。

第二話のゲストは岡山天音さん(役:城戸隆志)です。

『同期のサクラ』でサクラ(高畑充希さん)の同期の土井連太郎を演じました。

連太郎は会社に行けなくなりますが、同期のサクラ達の応援で立ち上がる役でした。

『レンタルなんもしない人』では、プロジェクトでの担当を任されますが、板挟みに苦しみ会社恐怖症になってレンタルさんに「仕事でトラブルがあり、会社に出社するのが怖いからついてきてほしい」と依頼します。

すこし『同期のサクラ』の役の土井連太郎に似ているなと思いました。

レンタルさんは、城戸の話を聞いてるうちに会社員だったころの自分を思い出します。

そして、「もし自分が同じ立場なら多分会社には行かない」といいます。

その答えを聞いた城戸はどういう決断をするのでしょうか?

2人目のゲストは、お笑いコンビ「駆け抜け軽トラ」の餅田コシヒカリさん(役:三村結子)です。

「焼肉食べ放題に一緒に行ってほしい」という依頼をします。

『レンタルなんもしない人』のキャストは?

増田貴久さん(森山将太・レンタルなんもしない人)

「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」

「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」

Twitterでサービスを始めます。

なんもしていないといいながら、依頼者のこころを癒したり、ほっこりさせる不思議な魅力的な男性です。

レンタルを始めたきっかけや過去に受けた心の傷も明らかになるのでしょうか?

実は妻子がいます。

比嘉愛未さん(役:森山沙紀)

『レンタルなんもしない人』の奥さんです。

夫の活動を温かく見守ります。

葉山奨之さん(役:神林勇作)

エリート営業マンです。

ある出来事をきっかけにして、レンタルさんのアンチになっていきます。

古館寛治さん(役:金田)

謎のホームレスです。

あの手この手を使って雑誌を売ろうとします。

 

《プロデューサーの稲田さんのコメント》

依頼者のやり取りからは『人は生きているだけで価値がある』『頑張ろうとしてもできない時はそれでいい』『人っていろんな悩みあるんだな・・・』と、いろんなメッセージが自然と伝わってきます。

そんな「今」ならではの薄いような濃いような、慎ましいのに大きな感動を呼ぶような、そんな作品にできればと思っています。週半ばの水曜深夜に思いっきり癒されてエネルギーチャージしていただきたいです。

 

癒し系でほっこりした増田貴久さんにこの役は、ぴったりの役だと思います。

主題歌はNEWSの「ビューティフル」も素敵でほっこりしました。

まとめ

『レンタルなんもしない人』というサービスを聞いて、、、

交通費と飲食代のみがレンタル費用という事に

生活は成り立つのか?他に収入源はあるのか?そのサービスを始めるようになった経緯は?

などなど色んな疑問が沸いてきました。

サービス開始当初は交通費と飲食費のみでしたが、2019年9月15日ドキュメンタリー『ザ・ノンフィクション』放送後に寄せられた意見をきっかけに有料に切り替えています。

依頼内容に関わらず、1万円の利用料と国分寺駅からの交通費及び飲食代に変更となりました。

レンタルなんもしない人は、何もしないにも関わらず、依頼が殺到しています。

1万円に変わってからも依頼は多いそうです。

何かする事が当たり前のようになっている現代において、何もしないと宣言して始まったサービスです。

そんな『レンタルなんもしない人』が、NEWSの増田貴久さん主演でドラマ化され、放送中です。

出演者の方も、「誰かの心にそっと寄り添う優しい温かいドラマ」「とにかく癒されます」「ほっこりしながらいつしか感動しているドラマ」「新しい〝生きる価値“を問うドラマ」とコメントを聞くだけでも、いいドラマなんだろうなと思います。

自分だったらどんな依頼をするか考えながら見るのもいいかもしれませんね。

1話の放送を終え、主演の増田貴久さんについて「Twitterでみるなんもしない人さんにそっくり」「増田くんがなりきっててすごい」「ただただ増田貴久がかわいい」と増田さんのかわいさにひかれた視聴者の方も多かったようです。

増田さんのかわいさにも注目ですね!

『レンタルなんもしない人』森本祥司さんについては、違う機会に紹介したいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。