ドラマ

清原果耶が朝ドラの主役に決定!「おかえりモネ」で皆さまを笑顔に!

Pocket

こんにちは、るほりです。

2021年度前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロイン役に女優の清原果耶さんが決定しました。

清原果耶さんは、2015年放送の連続テレビ小説『あさが来た』で女優としてデビューしました。

演技力が高く、人気も急上昇中です。

今回は清原果耶さんについて調査していきたいと思います。

最近のドラマでは、生田斗真さん主演の『俺の話は長い』の清原果耶さん演じる春海は、とても印象的でした。

清原果耶が朝ドラの主役に決定!

 

2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』の主役に清原果耶さんが決定しました。

「海の町」宮城県・気仙沼で生まれ育ち、「森の町」宮城県・登米(とめ)で青春を送るヒロインが、気象予報という「天気」に向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語となっているようです。

清原果耶さんは、ヒロインの永浦 百音(ながうら ももね)・愛称モネ役で出演します。

安達奈緒子さんの脚本による、オリジナル作品です。

安達奈緒子さんは、2003年、第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し2004年に脚本家デビューを果たしています。

おもな作品に『大切なことはすべて君が教えてくれた』『リッチマン、プアウーマン』『コードブルー-ドクターヘリ緊急救命-3rd season』『きのう何食べた?』『透明なゆりかご』などがあります。

《おかえりモネ・あらすじ》

宮崎県気仙沼沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた永浦百音は高校卒と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住みます。

大学受験にことごとく失敗し、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばさんの元に身を寄せます。

将来を模索しながら、百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習の仕事を始めます。

そんな百音に転機が訪れます。

ある日東京からお天気キャスターとして人気の気象予報士がやってきます。

彼と一緒に山を歩く中で「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、百音は深く感銘を受けます。

「自分も未来を知ることができたら」と一念発起し、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強を始めます。

しかし試験の合格率はわずか5%です。

勉強が苦手な彼女はなかなか合格できず、くじけそうになりますが登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破します。

上京し気象予報会社で働き始めた百音はこの仕事が多岐にわたることを知ります。

日々の天気や防災、漁業、農業、スポーツなど天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感します。

そして百音は、先輩や同僚に鍛えられながら失敗と成功を繰り返し、成長して行きます。

「なんでも自分の目で直接確かめないと理解できない」という不器用な性格ゆえ、遠回りばかりして来た百音が、その欠点を武器に変え、気象予報士として羽ばたいていく物語です。

やがて気象予報士として一人前になった百音は、「気仙沼にかつての活気を取り戻したい」との目標を持ち、故郷の島へ戻ります。

気象予報士ならではのアイデアで家族や幼なじみたちと力を合わせ、故郷に貢献する道を探していく物語となっています。

 

 

作者の安達奈緒子さんは、やさしくて温かい物語を作りたいと語っています。

誰かの痛みに対して、「わからないから怖い」けれど「あなたをわかりたい」と思い、努力し続けてさえいれば、わたしたちは笑顔を交わしともに生きていけるのではないかとも語っています。

そんな気持ちが込められている作品であり、主役を務める清原果耶さんに期待が込められています。

清原さんは「気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい」とコメントしています。

素敵なドラマになりそうですね!

清原果耶の出身と経歴は?

清原果耶プロフィール

名前:清原 果耶(きよはら かや)

生年月日:2002年1月30日(2020年5月現在18歳)

出身:大阪府

中学:大阪市立美津島中学校

高校:不明

職業:ファッションモデル

所属:アミューズ

2人姉妹の次女です。

Perfumeに憧れて幼少期より歌とダンスのスクールに通っていたそうです。

小学1年生からクラシックバレエを習い、小学5年生から中学1年生までは兵庫県の劇団「Youth Theatre Japan(YTJ)」に通ってダンス・歌・ミュージカル・バレエを習っていたそうです。

2014年、12歳(中学1年生)の時にお母さんがPerfumeの所属するアミューズのホームページで見つけた同社新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」に好奇心で応募したそうです。

すると同年10月に開催された最終審査会で3万2214人の中から見事グランプリを獲得したそうです。

好奇心で応募して、グランプリに選ばれるなんてすごいですね!

幼少期からのレッスンが実を結んだんでしょうね!

2015年より本格的に芸能活動を開始し、1月から三井不動産グループ、アステラス製薬の2社のCMに起用され、注目を集めました。

2015年から3年間、ファッション雑誌『nicola』の専属モデルを務めました。

2018年『Seventeen』9月号より専属モデルを務めています。

2018年11月には「人気女優の登竜門」と言われている『第97回全国高校サッカー選手権大会』の14代目「応援マネージャー」に就任し、ジャズダンスの経験を活かして応援ダンス企画にも挑戦しました。

この投稿をInstagramで見る

.    この度、全国高校サッカー選手権大会の  14代目応援マネージャーを務めさせていただくことになりました!   今年は応援マネージャー史上初の試みとして 「応援ダンス企画」も計画していて  曲は今大会の応援歌でもある Mrs. GREEN APPLE さんの「僕のこと」  踊りは s**t kingzの shojiさんがつけてくださいました!  選手の皆さんの背中を後押しを出来るような そして選手の皆さんをそばで支え、応援してきた マネージャー・家族の皆さんの想いを胸に 力強いパフォーマンスが出来るよう頑張ります。  宜しくお願い致します…!    . #高校サッカー #14代目応援マネージャー  #ブログも書いたのでそちらも是非に。

清原果耶 official(@kaya0130_official)がシェアした投稿 –

2019年には新垣結衣と並んでコーセー「雪肌精」のCMキャラクターに起用されました。

7月より「雪肌精」の化粧水のテレビCMに出演しています。

2015年9月からNHK連続テレビ小説『朝が来た』にレギュラー出演し、女優デビューを果たしました。

女中のふゆ役で注目を集めましたが、当初は別の役でオーディションを受け不合格になっていたそうです。

しかしプロデューサーの目に留まり、数か月にメインキャストの1人であるふゆ役のオファーを受けたそうです。

不合格から一転して、メインキャストに選ばれるなんて、すごいですね!

2017年には約500人が参加したオーディションを勝ち抜き『3月のライオン』に出演し、こちらも「泣きの演技」で注目を集めました。

2018年7月から放送の『透明なゆりかご』(NHK総合)でドラマ初主演を務めました。

この作品は、数々の賞を受賞し、清原果耶さんもコンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞2018で新人賞を、東京ドラマアウォード2019で主演女優賞を受賞しました。

2019年1月公開の映画『愛唄-約束のナクヒト-』ではヒロインを演じています。

そして、同年1月の公開の映画『デイアンドナイト』ではオーディションで約500人の候補者の中から選ばれてヒロイン役を演じました。

この2作品はほぼ同時期に公開された作品で、どちらもヒロイン役の清原果耶さんは、すごいですね!

しかも清原果耶さんは、『デイアンドナイト』では、役名の大野奈々名義で主題歌「気まぐれ雲」を配信リリースし歌手としてもデビューを果たしました。

両作および『いちごの唄』での演技により第32回日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞しています。

2019年にはNHK連続テレビ小説『なつぞら』で2度目の朝ドラ出演を果たしました。

ヒロインの生き別れの妹の千遥役を演じ、事前にキャストの発表がなく誰が演じるのか注目される中、劇中で初めて明かされるという異例の登場が話題を呼びました。

終盤では17歳にして30代の母親役を演じ、迫真の演技で注目を集めました。

高校卒業までは大阪の実家に暮し、仕事やレッスンのため大阪から通っていました。

2020年に高校を卒業し、大学等には進学せず大阪から上京して芸能活動を本格化しています。

2020年秋に公開予定の『宇宙でいちばんあかるい屋根』で映画初主演を果たしています。

そして、2021年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを務めることが発表されました。

清原果耶さんの目標は「人に感動を与えられる女優」なんだそうです。

子供の頃は歌手を目指していて、「いつか機会があれば歌うお仕事もやりたい」と語っています。

『デイアンドナイト』では役名ではありますが、歌手デビューを果たし、良かったですね!

生田斗真さん主演の『俺の話は長い』の春海役もアカペラで歌ってましたが、上手かったです!

いつか歌手としても本格デビューする日が来るかもしれないですね!

まとめ

今回は、デビューから瞬く間に人気女優へと駆け上がっている清原果耶さんについて調査しました。

2021年前期放送予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主役を務めることが発表されました。

高校までは実家である大阪府に住み、東京へ通っていた清原果耶さんですが、2020年に高校を卒業し、女優業を本格化しています。

2014年中学2年生の時に所属事務所であるアミューズのオーディションでグランプリを獲得し、デビューを果たしました。

幼少の頃より、ダンスや歌、ミュージカル、バレエを習っていました。

CMで注目を集め、モデルとしての活動も意欲的に行っています。

2015年にはMHK連続テレビ小説『朝が来た』で女優デビューを果たしました。

その後は次々に話題作に出演し、多くの賞を獲得し、演技力の高さを評価されています。

主演を務めることが発表された『おかえりモネ』ではさらに注目され、国民的女優となるのは間違いなさそうですね!