アイドル

河合郁人のものまね!松潤やキムタクやキンキがそっくりで面白い!

Pocket

こんにちは、るほりです。

ものまねグランプリを見たら、A.B.C-Zの河合郁人さんが松潤やキムタク、キンキキッズの真似をしていて見入ってしまいました。

特徴を捉えていて面白かったです。

しかも準優勝という快挙でした。

まだまだレパートリーがあるそうなので、今後も期待できそうですね!

河合さんもジャニーズなので、先輩方のものまねの了承を得てるのか心配になりました(笑)

似ていて視聴者としては面白いけど、大げさにしてるしてるからだと思いますが、先輩に怒られないか勝手に心配してしまいました。




河合郁人のものまね!松潤やキムタクや亀梨!

19日に放送された『ものまねグランプリ 次世代ものまね芸人No.1決定戦&歌ものまねNo.1決定戦スペシャル』にジャニーズ事務所のアイドルグループA.B.C-Zのメンバーである河合郁人さんが初出場でし、話題となりました。

初出場で5組しか残れない決勝進出を果たし、優勝こそできませんでしたが、2位という快挙を成し遂げました。

予選は『「WISH」の嵐・松本潤さんの踊り』『中居正広さんがやりそうなダンス』『曲終わりでポーズを決める亀梨和也』『「シンデレラガール」の時のKing&Prince・岸優太さんのフリーダンス』『「ミソスープ」を歌う時のテゴマス増田貴久さんの右手の動き』など、7連発のものまねを披露し、2位タイで決勝進出を決めました。

どれも特徴を掴んでいて、笑ってしまいました。

決勝では『「Love so sweet」の時の嵐・松本潤さんのダンス』『「TIME ZONE」のイントロでギターをひく岡本健一さん』『歌は木村拓也さんで踊りは松本潤さんで嵐の「WISH」』『Kinki kids「Anniversary」の堂本剛さんと堂本光一さんの歌い方の違い』などを披露しました。

とても特徴を掴んでて、「似てる!」と笑ってしまいました。。

しかもキレのある動きですごかったです!

惜しくも2位という結果でしたが、本業はアイドルなので、初出場でこの結果は素晴らしいのではないでしょうか。

ネタがまだまだ600くらいあるそうなので、次は優勝を狙えるかもしれないですね!

河合郁人さんは、〝ジャニーズいちのジャニオタ“を自称しています。

19日放送の『バゲット』に河合郁人さんが特設リモートスタジオから出演し、「自宅にいる時間がが多い中で、リモートをしている先輩」としてKAT-TUNの亀梨和也さんを挙げていました。

亀梨さんとは1週間毎日連絡取ってる時もあったというほど、仲が良いようです。

また事務所に入る前から大ファンだったという木村拓哉さんとのエピソードを話していました。

木村拓哉さんが2月に東京と大阪で行ったソロコンサートのMCに河合さんはゲストで参加しました。

東京で木村さんからギターのピックをプレゼントされ、ギターを始めようと相談していたところ、大阪のMC中に突然、新品のギターをメッセージとサイン付きでプレゼントされたそうです。

さらに宿泊したホテルの部屋の送り『お疲れ様でした』と言ったところ、『郁人、明日気をつけて帰れよ』と木村さんは言ってくれたそうです。

長年のファンである河合さんは嬉しさのあまり、自分の部屋に帰ってから、ギターを抱えたまま朝まで一睡もできなかったそうです。

河合さんは、ものまねをする先輩方にかわいがられているようですね!

ものまねをしてもらったら、嬉しいかもしれないですね!




河合郁人の出身や中学高校と経歴は?

この投稿をInstagramで見る

* 郁人、ものまねグランプリ準優勝おめでとう💜 Jr.時代からずっと先輩や後輩のものまね研究し続けて、色んな番組で披露したり、着々と力付けて、そんでものまね番組に初めて出場して、準優勝! * 少クラや、他のバラエティ番組と違って、ものまねで競う番組だし凄く緊張したと思うけど、普段通りのパフォーマンスは素晴らしかったと思います! * 結果発表の時、こっちまで緊張したし、手汗が凄かったw * 本当に本当に準優勝おめでとう😭💜 * * #ものまねグランプリ #河合郁人 #ふみきゅん準優勝おめでとう

あやの(@aya_t0754)がシェアした投稿 –

河合郁人プロフィール

名前:河合 郁人(かわい ふみと)

生年月日:1987年10月20日(2020年5月現在32歳)

出身:東京都東村山市

中学:東村山市立東村山第七中学校

高校:東京都立志舎高校通信制

職業:タレント、俳優、歌手、アイドル

事務所:ジャニーズ事務所(A.B.C-Zのメンバー)

少年隊の大ファンだったお母さんの影響で幼い頃から、ジャニーズ事務所に所属していた「忍者」の「お祭り忍者」などジャニーズの曲を聴いて育ったそうです。

1996年放送のテレビドラマ『ロングバケーション』を観て木村拓哉さんを好きになったそうです。

その後、滝沢秀明さん率いるジャニーズJr.が出演する『ミュージックステーション』や『8時だJ』を録画し、友達とユニットを作って歌詞や振り付けを覚えて真似していたそうです。

ジャニーズに憧れるようになり、お母さんのお友達に「松本潤くんに似てる」と言われたことをきっかけに小学4年生の時に自らジャニーズ事務所に履歴書を送ったそうです。

残念ながらその時は返事がなかったそうですが、小学5年生になり再度、履歴書を送り、小学6年生の時に2年越しでオーディションに呼ばれたそうです。

1999年5月9日にジャニーズ事務所に入所し、2001年からはジャニーズJr.内ユニットA.B.Cとしての活動をはじめ、2008年8月からはA.B.C-Zとユニット名を変えて活動を続けています。

元々はかっこいい路線でいくつもりだったようですが、滝沢秀明さんに「おまえは違う」と言われたり、舞台のアドリブでお客さんが笑ってくれたことで人を笑わせる喜びを感じたこともあり路線を変更したそうです。

2015年、27歳で「A.B.C-Z」はファーストシングル「moonlight walker」で念願のメジャーデビューを果たしました。

2019年、舞台『トリッパ―遊園地』で初めて単独主演を務めています。

河合さんは4月からTBS系昼の情報番組「ゴゴスマ~GO GO Smile~」に金曜レギュラーとしています。

一部のスポーツ新聞によると、河合さんは情報番組のコメンテーターに初挑戦するようです。

ジャニーズ事務所所属のタレントが昼のワイドショーでコメンテーターを務めることも初めてとなるそうです。

河合さんは舞台やライブで得意のアクロバットやダンスでファンの方を魅了する一方、最近では持ち前の明るいキャラクターとトーク力をいかして、バラエティ番組でも活躍しています。

32歳という年齢ですが、情報番組やバラエティ番組で活躍し、これから大ブレイクするかもしれないですね!

河合さんがあんなにジャニーズの方のものまねが上手いとは知りませんでしたが、これからどんどんものまね番組などにも出演され、ファンが急増するかもしれないですね!

新型コロナウイルスで暗くなっている世の中に笑いをありがとうございました。

時々、娘たちとみて笑いたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。