アイドル

JO1豆ちゃん(豆原一成)の中学高校や出身は?映画出演決定!

Pocket

こんにちは、るほりです。

JO1の最年少で、豆ちゃんこと豆原一成さんは、とても人気ですよね。

公開オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で、選ばれ2020年3月4日に「JO1(ジェイオーワン)」としてデビューしました。

最終回では1位を獲得し、デビューシングルのセンターに抜擢されました。

豆ちゃんの経歴が気になり、映画出演が決まって話題になっているので、以下の内容でまとめてみました。

豆ちゃん(豆原一成)の中学高校や出身は?

豆ちゃんの映画出演決定!

この記事を読むことで、豆ちゃんのことを詳しく知ることが出来ますよ!

豆ちゃん(豆原一成)の中学高校や出身は?

名前:豆原 一成(まめはら いっせい)

愛称:豆ちゃん、まめ

生年月日:2002年5月30日(2020年12月現在18歳)

出身:岡山県真庭市

中学:真庭市立久世中学校

高校:岡山県立勝山高等学校→通信制の学校へ

身長:174.5㎝

体重:62㎏

職業:アイドル

趣味:ダンス、歌を歌うこと、メルカリで服を見ること、YouTubeをみること

特技:野球、水泳、仮面ライダーのモノマネ、ダンス(得意ジャンルは90年代HIPHOP)、変顔

所属:LAPONEエンタテインメント

豆ちゃんは、オーディションを受けた時は高校2年生で17才でした。

小学生の時からアイドルになりたかったそうです。

岡山県の出身で、中学は地元の真庭市立久世中学校に通い、高校も岡山県にある岡山県立勝山高等学校に通っていました。

デビューが決まり、現在は通信制の高校に通っているようです。

中学では、水泳の県大会に出場したり、高校では軟式野球部に入っていたようです。

さらに、いつの時期かわかりませんでしたが、相撲の大会にも出たことがあったようです。

この間にダンスもしていたと思うので、豆ちゃんはかなりバイタリティ溢れる活動家なんだろうなと思いました。

なんと、デビュー前は、地元のダンススクールで、インストラクターも務めていたそうです。

きっと、子どもたちに大人気だったのではないでしょうか。

JO1では弟キャラで、メンバーから可愛がられているようです。

一方で「しっかりしている」「頼りにしている」と言われることも多いようです。

かわいくてしっかり者なんて、素敵すぎますね!

メンバーの河野純喜さんとは、ファンの間で「純豆腐(スンドゥブ)兄弟」と呼ばれているようです。

またリーダーの與那城 奨(よなしろ しょう)さんの部屋にはほぼ毎日行き、7歳年の差がありますが「奨くんは同級生みたい」と語るなど、仲が良いようです。

豆ちゃんは、誰にでもかわいがられる、素敵な性格をしてるんでしょうね。




豆ちゃんの映画出演決定!

豆ちゃんの映画初出演が決まり、話題になっています。

豆ちゃんは、自身の将来の夢として「俳優業も興味があり、ゆくゆくは演技もしてみたい。自分が仮面ライダーをやって主題歌をJO1でやりたい」と「モデルプレス」の単独インタビューで語っています。

夢に一歩近づいているのではないでしょうか。

映画は、8組24名の人気俳優、吉本タレント、クリエイターがタッグを組んだオムニバス映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』で、2021年2月26日に公開される予定です。

新型コロナウイルスの影響で映画界も大きな打撃を受けました。

こんな環境だからこそ、「前向きで、世の中に元気を届ける」「エンタメの炎を絶やさない」という想いのもと、キャスト、クリエーターが終結したといいます。

コロナ禍で、人との距離が離れてる今だからこそ、近距離での「心の濃厚接触」を描く映画になっているようです。

各話ごとに2人の主人公が出演し、約10分間のショートストーリーを終結したオムニバス映画となるようです。

豆ちゃんは、岡村隆史さん(ナインティナイン)との出演です。

脚本は、日曜劇場『半沢直樹』の丑尾健太郎さんです。

『本日は、お日柄もよく』

出演:岡村隆史、豆原一成 脚本:丑尾健太郎 監督:山内大典

『同度のカノン』

出演:海宝直人、亜生(ミキ) 脚本・監督:粗品(霜降り明星)

『やさしい人』

出演:倉科カナ、徳井義実(チュートリアル) 脚本:高須光聖 監督:山内大典

『真夜中』

出演:小池徹平、じろう(シソンヌ) 脚本:又吉直樹(ピース) 監督:紙谷楓

『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』

出演:白石聖、後藤淳平(ジャルジャル) 脚本:福徳秀平(ジャルジャル)監督:山内大典

『戦場~SENTO~』

出演:般若、秋山竜次さん(ロバート)脚本・監督:品川ヒロシ

『とある家のこと』

出演:松井玲奈さん、山崎静代(南海キャンディーズ)脚本:福田真貴(3時のヒロイン)監督:紙谷楓

『バックヤードにて』

出演:水川あさみさん、近藤春奈さん(ハリセンボン)脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)監督:紙谷

 

各話約10分間のショートストリーのようですが、豆ちゃんは岡村隆史さんとW

主演のようです。

豆ちゃんの演技、楽しみですね!

まとめ

今回は、オーディション番組で誕生したJO1の最年少メンバーである豆ちゃんこと豆原一成さんについてまとめました。

岡山県の出身で、真庭市立久世中学校から岡山県立勝山高等学校に進みましたが、JO1に選出され、勝山高等学校への通学が困難となり、現在は通信制の高校に通っているようです。

JO1のメンバーからかわいがられ、頼られている素敵な豆ちゃんです。

そして、映画初出演が決まり、話題となっています。

約10分間のショートストーリーですが、ナインティナインの岡村隆史さんとのW主演のようです。

豆ちゃんは、俳優にも興味があるようなので、ドラマや映画に出演する機会が増えるのではないでしょうか。

演技を磨いて、恋愛映画の主演などしてほしいです。

これから、ますます人気が上がりそうですね!

これからも、豆ちゃんに注目していきたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。